Sony

ニュース

ビットコイン上昇も早大、慶大はリップル保有でトントン 國學大はひたすら耐える(カソツー大学対抗戦)

  • 2019年 08月17日 18時00分
  • 提供元:J-CAST
泣く慶應大と國學院大、早稲田大が笑う!

写真拡大

泣く慶應大と國學院大、早稲田大が笑う!

米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げや米中貿易摩擦の激化を受けて、世界同時株安と円高が進行。マーケットが混乱し、リスクオフムードが広がるなか、ビットコイン(BTC)には、他の市場からの逃避資金が流入して、この1週間で10%を超える大幅な上昇となった。金人気と同様に、BTCにも資金が集まり、価格は一時1BTC=130万円を回復した。一方、リップル(XRP)などのアルトコインは相変わらず、冴えない。

期末試験を終え、夏休みに突入している学生トレーダーだが、BTCとXRPを保有する早稲田大学のTKHは就職活動で多忙ななか、事態を見つめる。慶応義塾大学の馬医金満もBTCの上昇とXRPの下落でトントン。國學院大学の億トレーダーは、XRPの下落に気が気でない。明治大学のホフマンは、多忙のため取引を見送った。


仮想通貨市場は堅調、清々しい!(早稲田大)

8月9日(金)


夏休みに入り就職活動のサマーインターンも本格化してきて、忙しい日々を送ってしまっているものの、今週の仮想通貨市場が堅調ということもあり、清々しい毎日を送れている。


週初めは1ビットコイン(BTC)=110万円ほどのレベルにあったが、7日間かけてジリ上げし8月7日には1BTC=130万円にもせまるような伸び幅を記録した。


ただ今週の動きで注視すべきは、その他アルトコインの動きだろう。前回記述したように、ここ数週間アルトコイン市場の資金流出トレンドが顕著に表れているように思える。


このようなビットコインと対照的な推移をするアルトコインが、これからどのように状況を打破し、それぞれの優位性を通貨およびトークン保有者に訴えかけていくのか、非常に楽しみである。


現在、総資産については1万3000円と、リップル(XRP)の下落幅をビットコインの上昇分で相殺して上回っている状態だ。


アルトコインは全体的に下落基調にあり、不安といえば不安だが、BTCが過去あらゆる期間の推移と比べてもかなりの高水準にあることから、今後の可能性を期待せざるを得ない。


冷静に考えて現在の価格水準は2017年度末バブルが一たん弾けた後の価格レベルであり、かなり高い。加えて、世間の過熱度も低く、これからの上昇性は十分見込めると考える。


保有する通貨      BTC、XRP

前週からの損益     プラス932円

8月9日現在       1万3000円


今週は多忙のため、取引を見送りました(明治大)

保有する通貨           BTC

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ

8月9日現在         2万3130円


ビットコイン上昇もリップル下落でトントン(慶応義塾大)

みなさん、こんにちは。馬医金満です。


今週はビットコイン(BTC)の価格が大幅に上昇しました。


ここ2週間くらい、ほとんど値動きがなかっただけにかなり驚いています。


価格上昇の理由としては、前週の米連邦準備制度理事会(FRB)による10年ぶりの利下げや、トランプ米大統領が進めている米中貿易摩擦が原因で、世界的に金融緩和の動きが加速して世界同時株安と円高が進行したのだと考えています。


このように世界経済の景気後退懸念が強まり、市場全体がリスクオフムードとなるなか、従来の国債や金に加えてBTCが逃避先として資金を集め、上昇したと考えています。前週までは1BTC=113万円台を推移していたのですが、今週では120万円台まで復活しました。


一方、リップル(XRP)やライトコイン(LTC)は5%~10%の値下がりを見せるなど、大きなマイナスを記録しました。


さて、今週の取引ですが、特に取引していません。前週に比べるとBTCの価格が上昇しているのですが、大きくポジションとったXRPが下がってしまったので、トータルではほとんどトントン。評価総額は前週比95円マイナスの2万3035円です。


XRPを買った瞬間から33円台から32円台まで、ほとんど1円落ちてしまって、かなり落ち込んでいます。前回の売却時にも思ったんですが、XRPはいつも購入した時にすぐ値下がりしますね(泣)。


次週までに利益が出そうだったら、さっさと売っちゃいたいと考えています。
では、また来週!


保有する通貨    BTC、XRP

前週からの損益  マイナス95円

8月9日現在     2万3035円


リップルの下落はどこで止まるのか(國學院大)

今週の仮想通貨市場は、ビットコイン(BTC)は上昇したのにもかかわらず、保有するリップル(XRP)は8月5日(月)の始値が、1XRP=34円台で8月9日(金)の終値が1XRP=31円台と大きく下落した。


そして、驚きなのが今週のXRPはすべての日において、始値よりも終値が下落したという下げ相場だったのだ。売ろうか迷ったが、また上がるだろうと思い売れなかった......。


ただ、売らなかったのには理由がある。なぜなら、今年に入って一度も30円台を割ったことがないことから、下げ止まると思い売らなかったのだ。もし、30円台を割ったときは、どこまで下落するのかわからないので怖い。ただ、一つ言えるのは、下がったらあとは上がるだけなので、そう考えると楽観視することもできる。


とはいえ、下落した原因を考えなければ、今回のように含み損が増えてしまうので、調べてみた。まず現在の仮想通貨市場においてはBTCが1強になりつつあり、アルトコインが弱くなってしまっていることがあげられる。そのため、BTCは上昇していたのに、XRPが下落していたのだと考える。現在はアルトコインが弱くなっているが、いつか訪れるであろう「アルトバブル」のときに備えて、買い増しできたら最高だ!


ただ、その前にこの下落がどこで止まるか、注目したい!


保有する通貨        XRP

前週からの損益  マイナス521円

8月9日現在       8227円


関連ニュース

関連写真

eスポーツに特化したホテル!? 大阪に「e...

【写真】関連情報を含む記事はこちら  友達の家で話し込んでいたら、ついつい終電を逃してしまった・・・というのはよくある話。ゲーム好きの人なら、キリのいいところまでゲームを進めていたら、帰れなくなったという経験、一度や二度はあるんじゃないかな? 帰り...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真