Sony

ニュース

三吉彩花「1回、自信をなくした」 矢口史靖監督からの手紙に涙

  • 2019年 08月19日 14時57分
  • 提供元:エンタメOVO
涙をこらえる三吉彩花

写真拡大

涙をこらえる三吉彩花

 映画『ダンスウィズミー』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明と矢口史靖監督が登壇した。


 本作は『スウィングガールズ』などで知られる矢口監督が監督・脚本を担当したミュージカルコメディー。催眠術にかけられたせいで、音楽が聞こえると所構わずに歌って踊りだす体になってしまった静香(三吉)のドタバタを描く。


 この日は、矢口監督が三吉に向けた手紙を読み上げるサプライズがあった。矢口監督は「クランクイン前のずっと前のこと。親睦を深めるために僕とやしろさんと3人でご飯を食べに行ったときに、『オーディションで僕だけは三吉さんでいけると思った。みんなは違ったけど。あなたなら絶対にこの役ができます。保証します。安心して現場に来てください』と伝えました。でもあれはあなたを安心させたくて言ったでまかせです。何の根拠もないただの勘でした」と告白。


 続けて「でも今なら言えます。僕の目に狂いはなかった。よく頑張りました。矢口組に参加してくれてありがとう」と優しく語り掛けた。


 これを聞いて「泣いちゃいそう…」と目を潤ませた三吉は「オーディションで手応えがなくて『落ちた』と思ったら受かって、『頑張ります』といろんなところで言わせてもらった。監督は『私でいきたい』とおっしゃってくれましたが、他のプロデューサーの方々は『ちょっと不安だった』という話を撮影の途中で聞いたんです。そこでもう1回、自信をなくしまして…」と振り返り、涙をこぼした。


 三吉は「もう撮り終わっているシーンも結構あって。日本のミュージカルとして発信していくのに、『私が主演で大丈夫か』と、もう一度自信をなくしたのですが、監督からこういう言葉を頂けて、いろんな方から『見たよ』というコメントも寄せていただき、少しずつ自信に変わりつつあります。しんみりさせちゃった。ごめんなさい」と謝りながら、最後は笑顔を見せた。



【関連記事】

関連ニュース

関連写真

沖沢さん、日本人女性2人目の快挙「すごく楽...

【ブザンソン(フランス東部)=作田総輝】若手指揮者の登竜門とされる第56回ブザンソン国際指揮者コンクールの決勝が21日、仏ブザンソンで行われ、青森県出身でベルリン在住の沖沢のどかさん(32)が優勝した。日本人女性としては2人目の快挙となった。  ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真