Sony

ニュース

ジャッキー・チェン×シュワルツェネッガーの話題作「龍牌之謎」、「今年最高の駄作」と早くもダメ出しの声

  • 2019年 08月19日 15時10分
  • 提供元:Record China
19日、今月16日に封切られたジャッキー・チェンの最新作「龍牌之謎」(ザ・ミステリー・オブ・ドラゴン・シール ザ・ジャーニー・トゥ・チャイナ)が、近年のジャッキー・チェン映画の最低興行収入記録を更新するのではないかと見られている。

写真拡大

19日、今月16日に封切られたジャッキー・チェンの最新作「龍牌之謎」(ザ・ミステリー・オブ・ドラゴン・シール ザ・ジャーニー・トゥ・チャイナ)が、近年のジャッキー・チェン映画の最低興行収入記録を更新するのではないかと見られている。

2019年8月19日、今月16日に封切られたジャッキー・チェン(成龍)の最新作「龍牌之謎」(ザ・ミステリー・オブ・ドラゴン・シール ザ・ジャーニー・トゥ・チャイナ)が、近年のジャッキー・チェン映画の最低興行収入記録を更新するのではないかと見られている。



中国で16日に封切られた「龍牌之謎」は、14年のロシア映画「レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺」の続編として、15年から中国・ロシア合作で製作が進められてきたファンタジーサスペンス映画。ジャッキー・チェンとアーノルド・シュワルツェネッガーの競演作としても早くから注目を浴びてきた。



しかしフタを開けてみれば、公開初日の夜間の興行収入は700万元(約1億600万円)止まり。中国の映画情報サイト「猫眼電影」のデータによると、3日間の興行収入は1402万元(約2億1200万円)で、劇場公開中の映画における興収の占有率は0.9%、スクリーンの占有率もわずかに3.1%となっている。



同じく映画情報サイト「豆瓣」(douban)のユーザー評価では現在、10点中4.1点となっている。同作は英国・ロシア・中国をまたにかけるファンタジーだが、3国の歴史と文化が入り交じり、さらにストーリーが目まぐるしく展開することから、映画のレビューには「分かりにくくて理解に苦しむ」「必要のないパートが多すぎ」といった声が。当初期待されていたジャッキー・チェンとシュワルツェネッガーが戦うシーンもわずかで、「だまされた」という意見も寄せられている。



なお、同作は最終的に興収8000万元(約12億円)前後で上映終了するのではないかと見られており、もともとは今夏公開された中国映画「上海堡壘」(Shanghai Fortress)が「今年最高の駄作」との呼び声も高かったが、「これを上回る作品が出現した」と驚きの声も。近年の出演作の最低興行収入記録を更新すると見られるジャッキー・チェンに対しては、「しばらくお休みください」「名声を傷つける映画を作り続けるのが疑問だ」などといった辛辣(しんらつ)な声も寄せられている。(Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真