Sony

ニュース

タッチ対応の15.6型 持ち運びしやすいモバイルモニター

  • 2019年 09月11日 07時00分
  • 提供元:J-CAST
ノートPCのマルチディスプレー化やスマホの大画面化が簡単に

写真拡大

ノートPCのマルチディスプレー化やスマホの大画面化が簡単に

輸入商社のGROW(グロウ、東京都目黒区)は、香港Vinpok製のモバイルモニター「Vinpok Split」を、2019年9月13日に全国の家電量販店で発売する。2月に実施したクラウドファンディングにて好評だった製品で、今回一般販売となる。

入力インターフェイスはHDMI、USB Type-C

タッチ対応の15.6型(1920×1080ドット)ディスプレーを搭載し、重さ635グラムと軽量で持ち運びしやすいサイズ。ノートパソコン(PC)のサブディスプレーや、スマートフォン(スマホ)と接続すれば大画面化できる。


PC、スマホとは電源なしで接続可能(15ボルト給電環境を推奨)。そのほかPlayStation 4やNintendo Switchなどゲーム機とも接続できる。


入力インターフェイスはHDMI、USB Type-C。1ワット×2スピーカーを搭載。


USB Type-C-Type-Cケーブル、HDMI-mini HDMIケーブルが付属。iPhoneは市販のLightning-HDMIケーブルで接続可能だという。


価格は4万9800円(税別)。<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

おしゃべり妨害器実演…MITで笑える研究講演

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=船越翔】ユーモアあふれる研究をたたえる「イグ・ノーベル賞」の受賞者による記念講演が14日、米マサチューセッツ工科大で行われた。おしゃべり妨害器の発明で2012年の「音響学賞」に選ばれた日本の研究者2人がゲス...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真