Sony

ニュース

韓国の月探査計画、技術的限界で打ち上げ延期に=韓国ネットからため息

  • 2019年 09月11日 22時00分
  • 提供元:Record China
10日、韓国・ニュース1は、2020年12月を予定していた韓国の「月軌道船」打ち上げが、22年7月に延期されたと伝えた。資料写真。

写真拡大

10日、韓国・ニュース1は、2020年12月を予定していた韓国の「月軌道船」打ち上げが、22年7月に延期されたと伝えた。資料写真。

2019年9月10日、韓国・ニュース1は、2020年12月を予定していた韓国の「月軌道船」打ち上げが、22年7月に延期されたと伝えた。



記事によると、韓国では同日に国家宇宙委員会宇宙開発振興実務委員会が開かれ、この内容の「月探査事業計画変更案」が確定した。月軌道船の目標重量も当初の計画の550キロから678キロに修正された。任務期間は1年を維持する。



月軌道船は17年8月の予備設計以後、詳細設計とテストモデル開発の過程で、技術的限界から軽量化が困難になったという。記事は「重量の増加によって燃料不足、任務期間短縮の可能性などの懸念が浮上し、技術的解決策をめぐり研究者間で意見が分かれたことが事業の遅延という結果を招いた」と説明している。科学技術情報通信部が原因究明と解決策の策定に動き、宇宙分野の外部専門家による調査団を設置し、研究者間の意見調整に努めてきたという。



また、同通信部は、韓国航空宇宙研究院内のリスク管理機能を強化し、同院内の月探査事業団に研究者を補強する方針だという。同通信部の文美玉(ムン・ミオク)次官は「米航空宇宙局(NASA)とともに進めている月着陸船の科学搭載体開発など宇宙先進国との協力を強化し、韓国の月着陸船開発に向けた先行研究などさまざまな挑戦を続け、我が国の宇宙探査能力を高めたい」とコメントしている。



この記事に、韓国のネットユーザーからは「国がこんなありさまなのに可能だろうか?」「今、月探査だなどと言ってる場合か?」「人工衛星もまともに打ち上げてないのに、何が月だよ」「政治家が科学技術に興味ないのに発展などするわけがない」「まだ純国産発射体も完成できてないのに?。北朝鮮より何倍もの予算を投じているのに、いまだにまともな発射体ひとつないなんて」「北朝鮮の技術を利用して、南北共同の月探査になるかもよ」「北朝鮮のミサイル科学者に技術を学んできたら?」「なぜ月に行くのかも分かってないのに、よその国がやってるからって、まねしようとするな。よそからロケットを買って打ち上げても意味がない。一から開発して進めるべきだ」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/麻江)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

日本製粉が米中などでの海外事業を強化、その他

日本製粉が米中など海外事業を強化 / Rubyroseのオーガニッククレンジングオイルが越境EC利用し対中販売 / ユカイ工学のセラピーロボットが中国の重要インダストリアルデザイン賞に入賞 ●日本製粉が米中など海外事業を強化、海外事業比率の向上目...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真