Sony

ニュース

小泉環境相、引き継ぎ式で「意識は復興大臣である」

  • 2019年 09月12日 12時04分
  • 提供元:読売新聞
初入閣から一夜明け、原田前環境相(右)から引き継ぎを受ける小泉環境相(12日午前、環境省で)=西孝高撮影

写真拡大

初入閣から一夜明け、原田前環境相(右)から引き継ぎを受ける小泉環境相(12日午前、環境省で)=西孝高撮影

 内閣改造から一夜明けた12日午前、第4次安倍再改造内閣が本格的に始動した。
 安倍首相は首相官邸で「台風災害からの復旧も待ったなしだ。(各閣僚には)直ちに現場、持ち場で全力を尽くしてもらいたい」と記者団に語った。菅官房長官は記者会見で「安定した基盤の上に内政、外交であらゆる挑戦を行っていく」と述べ、全世代型社会保障制度の実現などに取り組む考えを示した。
 環境省では、戦後3番目に若い38歳で初入閣した小泉環境相が大臣室で引き継ぎ式に臨んだ。小泉氏は原田義昭・前環境相から「若い力で環境行政を強く引っ張っていただきたい」と激励されると、「福島の復興を後押しするのも環境省の大事な仕事ですし、意識は復興大臣である。そういう思いで頑張ります」と決意を語った。小泉氏は12日午後に福島県を訪れ、内堀雅雄知事と面会する。
 また、小泉氏は引き継ぎ式で「環境問題、気候変動は地球規模の課題だ。日本の取り組みの海外に向けた発信を強化していきたい」と述べ、今月下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会の環境関連イベントへの出席を検討していることを明らかにした。

関連ニュース

関連写真

小泉元首相、進次郎氏は「私より勉強」と期待感

小泉純一郎元首相は15日、茨城県日立市で講演し、環境相として初入閣した次男の進次郎氏について、「彼は私より勉強している。自然環境を大事に、自然エネルギーで(電力を)賄える国にしてほしい」と期待感を示した。会場からの質問に答えた。  講演は脱原発な...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真