Sony

ニュース

「Fitbit」初「Alexa」音声操作に対応したスマートウォッチ

  • 2019年 09月12日 12時00分
  • 提供元:J-CAST
ユーザーの健康作りやフィットネスをサポートする機能満載

写真拡大

ユーザーの健康作りやフィットネスをサポートする機能満載

ウェアラブル機器などを手がける米Fitbit(フィットビット)は、スマートウォッチ「Versa 2」を2019年9月11日から一部家電量販店および時計店などで先行予約の受付を開始。

アクティビティ&心拍数トラッキングなど豊富な機能を搭載

同社初の「Amazon Alexa」対応モデル。アラームやタイマーの設定、天気やニュースなどの情報のチェック、自宅のスマートホーム対応デバイスの操作などが音声で操作できる。


前モデルと比べ、より高速のプロセッサー、より大きなサイズの有機ELディスプレーを搭載。常時画面表示モードで2日以上のバッテリー寿命を実現したという。50メートル防水に対応する。


「自動アクティビティトラッキング」「PurePulse 24時間心拍数トラッキング」に加え、15種類以上のエクササイズモードを搭載。心拍数や寝返り、起床時間などに基づいた「睡眠スコア」の測定が行える。


そのほか機械学習を利用し、最適な時間にユーザーを起こす「スマートウェイク」、ワークアウト中や会議中などにディスプレーと通知機能をオフにする「スリープモード」などの機能を搭載。また、血液中の酸素レベルの変異(推定値)をユーザーに提供する「推定酸素偏差グラフ」を近く実装予定とのことだ。


スタンダードモデルのカラーは、ブラック/カーボンアルミニウム、ペタル/カッパーローズアルミニウム、ストーン/ミストグレーアルミニウムの3色、価格は2万6990円(税込)。ジャガード織りのバンドが特徴の「スペシャルエディション」は、ネイビー&ピンクウーブン/カッパーローズアルミニウム、スモークウーブン/ミストグレーアルミニウムの2色で、価格は3万1800円(同)。<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

おしゃべり妨害器実演…MITで笑える研究講演

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=船越翔】ユーモアあふれる研究をたたえる「イグ・ノーベル賞」の受賞者による記念講演が14日、米マサチューセッツ工科大で行われた。おしゃべり妨害器の発明で2012年の「音響学賞」に選ばれた日本の研究者2人がゲス...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真