Sony

ニュース

台風影響か、スズメなど死骸3千羽…鳥インフルは陰性

  • 2019年 09月12日 20時07分
  • 提供元:読売新聞
 強い台風15号が県に接近した9日、埼玉県内11市町で野鳥の死骸が計約3000羽見つかったことが県への取材で分かった。鳥インフルエンザのウイルス検査は陰性だったという。山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の平岡たかし専門員は「夜中の暴風雨で、安全な場所に避難できなかったり、急激に体温を奪われたりした複数の要因があったのではないか」と話している。
 県みどり自然課によると、9日夜までに、さいたま市や坂戸市、滑川町などで計約3000羽のスズメやムクドリの死骸が見つかった。坂戸市の東武東上線北坂戸駅周辺では、歩道や植え込みで約360羽が死んでいたという。県は死骸を検査し、詳しい原因を調べている。
 平岡専門員によると、この時期は、今年の春から夏に巣立ったばかりの若い鳥が多く、身を守るすべを十分に身につけていない個体が多いといい、「広い範囲でここまで大量死するのは非常に珍しい。複数の要因が重なって引き起こしたのではないか」としている。

関連ニュース

関連写真

台風1週間、住宅被害1200棟超…停電なお...

台風15号の影響による千葉県の大規模停電は16日、発生から1週間となる。依然として、南房総市や館山市など県南部を中心に約10万300軒(16日午前0時現在)で停電が続いており、住民は不便な生活を余儀なくされている。  県によると、台風による住宅被...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真