Sony

ニュース

メッシのバレンシア戦での復帰消滅 地元紙報じる

  • 2019年 09月12日 21時08分
  • 提供元:日刊スポーツ
リオネル・メッシ(撮影・PIKO=2018年6月26)

写真拡大

リオネル・メッシ(撮影・PIKO=2018年6月26)

バルセロナの医療部門が、負傷中のFWメッシ(32)について、14日に行われる1部リーグ第4節バレンシア戦への出場の可能性を切り捨てた、とスペイン紙アスが12日に報じている。

メッシは6週間前の8月5日、バカンス後に参加したチーム最初の練習で右足ヒラメ筋を負傷した。その後リハビリを継続しているものの、けがの回復が予想よりも遅いものになっている。メッシが負傷するのはバルセロナデビュー後、2006年2月の最初のけがから数え、今回が22回目。まだ今シーズンは1度もチームメートと一緒に練習を行っていない。

メッシは現在、17日にアウェーで迎える欧州チャンピオンズリーグ開幕のドルトムント戦での戦列復帰を目標に掲げている。しかし、クラブ内ではけが再発のリスクを恐れ、出場を保証するものは誰もいないため、メッシが来週、ドイツのピッチを走り回る姿を見られるかどうかは現時点では分からないという。(高橋智行通信員)

関連ニュース

関連写真

不調のレアル、ジダン監督後任にモウリーニョ...

レアル・マドリードのペレス会長は、ジネディーヌ・ジダン監督の後任として、ジョゼ・モウリーニョ氏(56)を指名する準備があると20日付英紙ミラー電子版が報じた。モウリーニョ氏は、以前Rマドリードで指揮を執っていたが、2013年に良好な関係のままクラブ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真