Sony

ニュース

京大iPS研とディオール「肌の老化」共同研究

  • 2019年 09月13日 07時52分
  • 提供元:読売新聞
 京都大iPS細胞研究所は12日、仏高級ブランド「ディオール」の化粧品を扱うパルファン・クリスチャン・ディオールと共同研究を始めたと発表した。iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、肌が老化する仕組みや原因を調べる。同研究所が海外の化粧品メーカーと共同研究を行うのは初めて。
 今回の共同研究は、ディオール側が同研究所に持ちかけた。若者から高齢者まで様々な年齢層の人のiPS細胞から皮膚の細胞を作り、年齢ごとの細胞の性質を調べて加齢がどう影響するかなどを研究する。将来的にディオール側は、皮膚を長く若々しい状態に保つための製品開発を視野に入れている。

関連ニュース

関連写真

おしゃべり妨害器実演…MITで笑える研究講演

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=船越翔】ユーモアあふれる研究をたたえる「イグ・ノーベル賞」の受賞者による記念講演が14日、米マサチューセッツ工科大で行われた。おしゃべり妨害器の発明で2012年の「音響学賞」に選ばれた日本の研究者2人がゲス...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真