Sony

ニュース

中国の公衆トイレでペーパーが大量になくなる、監視カメラを見てみたら…

  • 2019年 09月13日 00時20分
  • 提供元:Record China
中国四川省宜賓市の公衆トイレで最近、トイレットペーパーが大量になくなる事態が相次いだ。

写真拡大

中国四川省宜賓市の公衆トイレで最近、トイレットペーパーが大量になくなる事態が相次いだ。

中国四川省宜賓市の公衆トイレで最近、トイレットペーパーが大量になくなる事態が相次いだ。12日付で中国メディアの観察者網が伝えた。



問題のトイレは同市の長寧県にあった。入り口の前に設置された機械から無料でトイレットペーパーを引き出すというシステムだが、スタッフが何度補充してもすぐになくなった。そこで、監視カメラの映像を確認すると、中高年の男女が代わる代わるやって来て、これでもかと引き出して持ち去る様子が映っていた。



事態を受け、県委員会の広報は9日に通知を出し、「トイレットペーパーは高価なものではありませんが、すべて持ち去られてしまうとほかの人が使う分がなくなります。個人の品性や都市の文明レベルが反映されてしまいます」と訴えた。

ネットユーザーからは「こんなわずかな得をして何になるのか分からない」「(持って行った人は)本当にそれっぽっちの紙が必要なのか」といったコメントや、「ずいぶん手慣れてるな」と何度も繰り返していることを疑うコメントが寄せられた。



また、「機械の上にモニターを設置して、自分たちがやっていることを映し出してやれば、恥ずかしくてできなくなるだろう」「やっぱり(有料にして)QRコードを使った方がいい。こういう素養の低い人たちの前では、無料のトイレットペーパーはいくらあっても足りない」「顔認証システムを導入すべき」などの提案も寄せられた。



中国で最近登場した「スマートトイレ」には、実際に顔認証によるペーパー供給が行われている場所もある。(翻訳・編集/北田)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

満開のランタナの花畑を走るミニSL―甘粛省...

甘粛省のシルクロードの町、山丹県の祁連山の麓にある「如意花海」で10日、ランタナ(如意花)の花が咲き誇り、ゴビ砂漠に彩りを添えていた。観光客はSL型のミニ列車に乗り、花畑の中を走ることができる。中国新聞網が伝えた。 如意花海観光文化産業融合発展模...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真