Sony

ニュース

東京が舞台の「僕はチャイナタウンの名探偵3」、旧正月映画として1月25日に公開へ―中国

  • 2019年 10月14日 21時00分
  • 提供元:Record China
映画「僕はチャイナタウンの名探偵3」が旧正月映画として2020年1月25日に公開される。東京が舞台で、このほどそのポスターが公開された。

写真拡大

映画「僕はチャイナタウンの名探偵3」が旧正月映画として2020年1月25日に公開される。東京が舞台で、このほどそのポスターが公開された。

チェン・ スーチェン(陳思誠)監督が脚本も務め、俳優のワン・バオチャン(王宝強)やリュウ・ハオラン(劉昊然)が主演を務める映画「僕はチャイナタウンの名探偵3(原題:唐人街探案3)」が春節(旧正月)映画として、2020年1月25日に公開される。「僕はチャイナタウンの名探偵」シリーズの、タイのバンコクを舞台とした第1弾と米ニューヨークを舞台にした第2弾は大ヒットし、好評を博したため、第3弾に対する期待も高まっている。第3弾は東京が舞台で、このほどそのポスターが公開された。国際在線が伝えた。



「僕はチャイナタウンの名探偵2」は日本人探偵の野田昊が東京で難問に苦しんでいるところで終了していた。そして、第3弾は野田昊の依頼を受けて、「チャイナタウンの名探偵」がその難題を解決すべく、東京に向かう。同作品はすべて高解析度のALEXA IMAXカメラで撮影が行われた。同カメラですべての撮影を行った映画は世界でこれが4作品目。製作技術の点でもレベルアップしている。その超リアルな映像がIMAXデジタルスクリーンの「1.9:1」というアスペクト比で放映されると、通常シアターに比べ、約26%増の映像で、繁栄した大都市の東京の細部までリアルに見ることができるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/KN)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真