Sony

ニュース

元f(x)のソルリが自宅で死亡、中国ネットにも衝撃=生前の日記には「不安定になりながらも前を向いて」

  • 2019年 10月15日 18時00分
  • 提供元:Record China
14日、韓国の女性アイドルグループf(x)元メンバーのソルリがソウル城南市の自宅で遺体で発見された。資料写真。

写真拡大

14日、韓国の女性アイドルグループf(x)元メンバーのソルリがソウル城南市の自宅で遺体で発見された。資料写真。

2019年10月14日、韓国の女性アイドルグループf(x)元メンバーのソルリがソウル城南市の自宅で遺体で発見された。この知らせを受け、中国のネット上でも衝撃が広まっている。



1994年に生まれ、2005年からSMエンターテインメントに所属したソルリは、15年に6年間にわたって活動したf(x)を脱退し、その後は女優や歌手として活躍していた。14日も番組の収録を予定していたが、本人との連絡が取れなかったマネージャーが自宅を訪れたところ、2階で死亡しているのを発見したという。SMエンターテインメントは14日夜、ソルリの死亡を正式に発表した。



ソルリはSNSでの投稿などがこれまでしばしば物議を醸していた。韓国・中央日報の報道によると、ソルリは以前、芸能人が自身に寄せられたアンチコメントについて語る韓国のトークバラエティー番組に出演した際、「実際に人間チェ・ジンリ(ソルリの本名)の中身は暗いが、芸能人のソルリとして表では明るいふりをしなければならない時が多い」などと告白していた。



今回ソルリの自宅で見つかったという日記には、先月5日に「今年はデビューしてから14年になる。私は最近、自分が一体いつデビューしたかも忘れてしまうほどで、不安定になりながらも前を向いて生きている」などと記されていたという。警察は自殺だったとの見方を強めているが、あらゆる可能性について捜査するとしている。



韓国メディアによると、韓国では同じSMエンターテインメントに所属する男性アイドルグループのSuper Junior(スーパージュニア)が収録や生放送出演を中止したほか、少女時代のテヨンが韓国でのセカンドアルバムの発売を延期した。また、韓国のエンタメ企業であるCJ ENMも予定されていたバラエティー番組のリリースを取りやめたという。



このほか、元KARA(カラ)のク・ハラや俳優のアン・ジェヒョンらはインスタグラムで追悼の意を表明。俳優のシン・ヒョンジュンはソルリに悪意のあるコメントを寄せた人々を非難する内容の投稿を行っている。



中国のネット上でも、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でソルリの死亡を報じた新浪娯楽の投稿に15日午後の時点で10万件以上のコメントが寄せられるなど、衝撃が広がっている。中には、「ネット上での言葉の暴力は、人を殺めることにもなる」「みんな、彼女が亡くなってようやく『ごめんね』『心から好きだった』なんて言い出すんだ」「多くの人が、気ままに他人をののしって、相手がどんな思いをするかを顧みない。芸能人だって、職業が違うだけで結局は普通の人間なのに」などと、生前に寄せられたアンチコメントに言及するものが多く見られた。(翻訳・編集/岩谷)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

WADAがドーピング疑惑の孫楊に最長8年資...

五輪で3個の金メダルを獲得した中国競泳界のスター、孫楊(スン・ヤン)が来年の東京五輪に出場できなくなる可能性が報じられ、中国のネット上でも注目を集めている。 中国のスポーツメディアの新浪体育は13日、昨年9月にドーピングの検査員が訪れた際に血液検...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真