Sony

ニュース

中国1-9月の対外貿易輸出入額は2.8%増加―中国メディア

  • 2019年 10月15日 21時20分
  • 提供元:Record China
国務院新聞弁公室は14日、今年第1-3四半期の輸出入の状況についての記者会見を行った。

写真拡大

国務院新聞弁公室は14日、今年第1-3四半期の輸出入の状況についての記者会見を行った。

国務院新聞弁公室は14日、今年第1-3四半期の輸出入の状況についての記者会見を行った。税関総署の李魁文(リー・クイウェン)報道官(統計分析司司長)が会見で説明したところによると、同期の中国の対外貿易輸出入額は22兆9100億元(約343兆6500億円)に上り、前年同期比2.8%増加した。このうち輸出は12兆4800億元(約187兆2000億円)で同5.2%増加、輸入は10兆4300億元(約156兆4500億円)で同0.1%減少、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2兆500億元(約30兆7500億円)の黒字で、黒字額は44.2%拡大した。9月の輸出入額は2兆7800億元(約41兆7000億円)で同3.3%減少した。うち輸出は1兆5300億元(約22兆9500億円)で同0.7%減少、輸入は1兆2500億元(約18兆7500億円)で同6.2%減少だった。人民日報海外版が伝えた。



李報道官は、「総じて言えば、第1-3四半期の中国対外貿易の運営は全体的に安定し、安定の中で質を向上させる状況だった。貿易方式をみると、一般貿易の主導的役割がさらに顕在化した。第1-3四半期には、中国の一般貿易輸出入額は13兆6400億元(約204兆6000億円)で同4.8%増加した。うち輸出は7兆3000億元(約109兆5000億円)で同8.7%増加し、輸入は6兆3400億元(約95兆1000億円)で同0.7%増加した」と述べた。



輸出商品をみると、電気機械製品と労働集約型製品の輸出が同じペースで増加した。同期の電気機械製品の輸出額は7兆2500億元(約108兆7500億円)で輸出額の58.1%を占めた。輸入商品をみると、原油や石炭などの大口商品の輸入量が増加し、豚肉や牛肉などの輸入量の増加幅が拡大した。同期の原油輸入量は3億6900万トンで同9.7%増加し、石炭は2億5100万トンで同9.5%増加、天然ガスは7122億2000万トンで同10%増加した。豚肉輸入量は132万6000トンで同43.6%増加した。



貿易相手国別にみると、市場開拓の効果が一層高まった。同期の中国の2大貿易パートナーである欧州連合(EU)、ASEANとの輸出入額をみると、EUは3兆5700億元(約53兆5500億円)で同8.6%増加し、ASEANは3兆1400億元(約47兆1000億円)で同11.5%増加した。米国との貿易額は2兆7500億元(約41兆2500億円)で同10.3%減少した。



李報道官は、「今年第1-3四半期には、中国と『一帯一路』(the Belt and Road)沿線国との輸出入額が6兆6500億元(約99兆7500億円)に達し、同9.5%増加し、同期の輸出入額の29%を占め、割合は前年同期より1.8ポイント上昇した。中国は一連の対外開放の重大措置を打ち出し、新しい高水準の対外開放を推進し、対外開放の新局面の形成を加速して、企業が新市場を積極的に開拓し、グローバル市場の配置を最適化するよりどころとなる自信と勇気を与えてきた。たとえば、『一帯一路』建設が安定的に推進されるのにともない、中国と沿線諸国との経済貿易協力はより緊密になり、貿易往来がより活発になった」と強調した。



李報道官は、「未来の中国の対外貿易の発展が直面する外部環境は引き続き複雑で厳しいものであり、不安定要因や不確定要素が増大するが、中国の対外貿易発展の強靱性は高く、対外貿易の構造が最適化し、原動力の転換が加速するという全体的な情勢には変化がなく、1年を通して対外貿易は引き続き全体的に安定し、安定の中で質を向上させる発展状況を維持するだろう」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

米軍艦が2カ月ぶりに台湾海峡を航行―米メデ...

2019年11月12日、環球網は、米FOXニュースの報道を引用し、米海軍のミサイル巡洋艦チャンセラーズビルが2カ月ぶりに台湾海峡を航行したと伝えた。 FOXニュースによると、米海軍第7艦隊の報道官は「国際法に基づき台湾海峡で行った定例行事である」...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真