Sony

ニュース

広州地下鉄駅の保安検査で女性たちに化粧を落とすことを要求、その理由に中国ネットも納得

  • 2019年 10月23日 01時10分
  • 提供元:Record China
21日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、広州市の地下鉄駅で保安検査の際、一部の女性たちが化粧を落とすよう要求されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は広州地下鉄の女性車両。

写真拡大

21日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、広州市の地下鉄駅で保安検査の際、一部の女性たちが化粧を落とすよう要求されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は広州地下鉄の女性車両。

2019年10月21日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、広州市の地下鉄駅で保安検査の際、一部の女性たちが化粧を落とすよう要求されたと伝えた。



記事によると20日、広州市漢渓長隆駅の保安検査で、多くの女性が入場前に化粧を落とすよう要求された。記事は女性たちがその場で化粧を落としている様子を映した映像も紹介している。



21日、広州地下鉄の関係者は、女性たちに化粧を落とすよう要求した理由について「顔に流血しているようなメイクをしていたため、他の乗客が驚かないよう化粧を落とすよう求めた」と説明した。



これに対し、中国のネットユーザーから「これは間違っていない」「広州地下鉄はよくやった。いいねを送る」「これは正しい処置だ。血だらけの顔を見たら子どもは泣きわめくし、心臓の悪い人が驚いてしまう」など、地下鉄運営側の対応を称賛するコメントが多く寄せられた。



また、流血メイクをしていた女性が多かった理由について、「これは近くで行われたハロウィンのイベントで無料のメイクサービスをしていたからだ。一部の人がそのままのメイクで地下鉄に乗ろうとしたのだろう」と解説するユーザーもいた。



ほかには「西洋のお祭りをこのように祝うのはあまりにはまりすぎだろう」「こういうメイクは特定の場所でなら良いが、地下鉄では適切ではない」との意見もあった。(翻訳・編集/山中)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

ダブル11の配送ピークに突入した中国の宅配...

中国国家郵政局のモニタリングデータによると、「ダブル11(11月11日のネット通販イベント)」を迎えた11日当日、中国全土の各郵便局と宅配企業は合計5億3500万件の宅配物を取り扱い、前年同期比で28.6%増となり、宅配便取扱い件数の記録を再び更新...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真