Sony

ニュース

ピカチュウの着ぐるみが1回160円で記念撮影、その理由に涙―中国

  • 2019年 11月09日 00時20分
  • 提供元:Record China
中国山東省済南市で6日、小さな商店が並ぶ通りに記念撮影を呼び掛ける「ピカチュウ」が現れた。

写真拡大

中国山東省済南市で6日、小さな商店が並ぶ通りに記念撮影を呼び掛ける「ピカチュウ」が現れた。

中国山東省済南市で6日、小さな商店が並ぶ通りに記念撮影を呼び掛ける「ピカチュウ」が現れた。



動画メディアの梨視頻によると、ピカチュウに扮しているのは時さんという70代の男性。通行人らに1回10元(約160円)で記念撮影を呼び掛けるのは、14歳になる孫の治療費に充てるためだ。



孫は白血病と診断され、手術を受けるには25万元(約390万円)が必要という。必死の思いで通りに立つ時さんだが、「詐欺ではないか」と疑いの目を向けられることもあるそうだ。



これに対し、中国のネットユーザーからは「素晴らしいおじいさん。泣いちゃった」「このおじいさんたちこそ、本当に助けを必要としている人たち」「記念撮影してみたい」「寄付するためのルートはあるの?」「これが事実ならネットを使って資金集めに協力したい」「1人数元でも数万人が寄付すれば十分な額になる」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

韓国野党代表「死を覚悟」、GSOMIA延長...

2019年11月20日、韓国・毎日経済によると、韓国最大野党・自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長などを求めて断食を開始した。 記事によると、黄代表は同日、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真