Sony

ニュース

中国のマラソン大会に、今度はローラースケートを履いた出場者が登場―中国メディア

  • 2019年 11月13日 15時10分
  • 提供元:Record China
10月27日に中国山東省の泰山市で開催されたマラソン大会に、ローラースケートを履いて参加した出場者がいたことが分かった。写真は同大会HPに掲載された周さん。

写真拡大

10月27日に中国山東省の泰山市で開催されたマラソン大会に、ローラースケートを履いて参加した出場者がいたことが分かった。写真は同大会HPに掲載された周さん。

10月27日に中国山東省の泰山市で開催されたマラソン大会に、ローラースケートを履いて参加した出場者がいたことが分かった。11月12日付で中国メディア・中国経済網が伝えた。



記事によると、ローラースケートで参加した山東省泰安市出身の周広強(ジョウ・グアンチアン)さん(55)は、大会後にメディアなどで紹介され物議を醸した。周さんは「ローラースケートの達人」で、2011年からローラースケートで中国の江蘇省、安徽省、上海市、湖北省、河南省などを巡ってきたという。泰山市のマラソン大会を“滑る”のは今回が初めてだが、同市の登山イベントには過去に5回、ローラースケートで参加したことがあるそうだ。



しかし、大会後に、「ローラースケートでの参加は違反行為」という理由で周さんの成績は取り消されることになった。同時に、中国陸上競技連盟(CAA)のデータベースに違反履歴が記録されたという。



今回の件について、中国経済網は「最近、各地のマラソン大会で秩序の乱れが起こっている」と苦言を呈した。これまでにも、14年にマカオで開かれたマラソン大会では一枚のゼッケンを3人で使い回す不正があったこと、昨年の深センでのハーフマラソン大会では46人がコースをショートカットしたほか、ルール違反をした出場者の数が最終的に258人に上ったこと、今年に入って徐州で開催されたマラソン大会ではシェア自転車に乗ってコースを走った参加者が注意を受けた後も自転車に乗り続ける事態が起こったことを紹介した。



また、記事によると、中国各地で開かれているマラソン大会は、政府や国家体育総局の主催であっても、実際に運営しているのはスポーツ関連企業であることが多く、大会当日は往々にしてライブ配信がなど行われる。あるマラソン愛好家は、「近年のマラソンは商業化が深刻。マラソン参加者よりもコマーシャルの数の方が多いくらいだ。マラソンは国民的なスポーツなのに、今ではどんどん商業の宣伝プラットフォームのように変容している。一愛好家としては残念でならない」などとコメントしたという。(翻訳・編集/岩谷)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真