Sony

ニュース

<羅針盤>京都の師走は華やかに「吉例顔見世・東西合同大歌舞伎」=外国人客も惹きつけ、ホテル開業ラッシュ―立石信雄オムロン元会長

  • 2019年 12月08日 05時40分
  • 提供元:Record China
お寺や神社が多い京都は自然に恵まれ伝統的な祭りや催しも多く、四季を愛でることがたやすくできる。京都・南座で行われる師走の風物詩は顔見世。今年も「當る子歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が華やかに開幕した。南座新開場1周年を記念しての興行である。

写真拡大

お寺や神社が多い京都は自然に恵まれ伝統的な祭りや催しも多く、四季を愛でることがたやすくできる。京都・南座で行われる師走の風物詩は顔見世。今年も「當る子歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が華やかに開幕した。南座新開場1周年を記念しての興行である。

京都で育った私は、京の町並みや風情に温かさを感じる。お寺や神社が多い京都は自然に恵まれ伝統的な祭りや催しも多く、四季を愛でることがたやすくできる。新幹線が東山トンネルから出た途端に広がる瓦屋根の民家の風景に、いつ行ってもやすらぎを憶える。



1月は初詣、2月は節分、天神の梅花祭、3月は涅槃会、4月は都をどり、5月は葵祭、鴨川、7月は祇園祭、8月は大文字、10月は時代祭と続き、一段と華やかさを増すのが師走の12月。顔見世で始まり、最後は31日のお寺参りで新しい年を迎える。京都はまさに文化の凝縮した町なのである。



こうした京都で四条大橋そばに建ち、名建築で知られる南座が耐震工事のため3年近くの休館を経て昨年11月初めに、新たに開場したのはうれしいことである。400年以上の歴史を誇る現存する日本最古の劇場で、京都だけでなく日本の歌舞伎はじめ伝統芸能の中心的な存在だ。



京都・南座で行われる師走の風物詩は顔見世。今年も「當る子歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が華やかに開幕した。南座新開場1周年を記念しての興行である。



昼の部の序幕は「輝虎配膳」。人間国宝に認定された片岡秀太郎は「吉例顔見世興行」への出演が最多の70回目となった。中村雀右衛門、片岡愛之助らの熱演で開幕した。



続く「戻駕色相肩」は、中村梅玉、中村時蔵、梅丸改め中村莟玉による古風な味わいあふれ常磐津舞踊。劇中では、梅丸改め中村莟玉の披露口上が行われた。



「祇園祭礼信仰記 金閣寺」は、顔見世では初上演となるご当地狂言。幻想的な様式美とともに、多彩な登場人物を坂田藤十郎、中村鴈治郎らが演じた。



「仮名手本忠臣蔵」の「祇園一力茶屋の場」(通称七段目)も、京都ゆかりの演目。遊郭らしい華やかさを見せつつも、討ち入りに向け緊迫した場面を片岡仁左衛門らが力演した。



夜の部では、顔見世での上演は31年ぶりとなる「堀川波の鼓」を仁左衛門、梅玉、時蔵が熱演。「釣女」は、愛之助、鴈治郎らによる滑稽味あふれる息の合った舞踊劇となった。



「魚屋宗五郎」では、中村芝翫、雀右衛門らが世話物らしい人情芝居を繰り広げ、終幕を飾る「越後獅子」では、中村隼人、中村橋之助、千之助、莟玉の若手花形4人が華やかな舞踊を披露した。



今年春には名物「都をどり」が久しぶりに南座で開催された。祇園界隈は一段と賑やかになり、京都を訪れる外国人観光客にとってさらに魅力的なスポットとなっている。



2018年に京都市を訪れたインバウンドの宿泊者数は約450万人で、2017年から100万人近く増加した。大きな影響力を持つアメリカの富裕層向け旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」によると、世界観光都市ランキングで京都は8年連続でトップ10入りしており、富裕層向けホテルの需要が高まっている。



京都は、外資系を中心にラグジュアリーホテルの開業ラッシュを迎えている。

これまでも、2014年にはマリオット系の「ザ・リッツ・カールトン京都」、2015年には森トラストが運営する「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」、2016年に「フォーシーズンズ京都」が開業。今年10月に「パークハイアット京都」、11月に「アマン京都」が新規オープンした。



帝国ホテルが2020年をめどに祇園に新たにホテルを開業するのも、うれしいニュースである。日本有数の花街である祇園の中心地に立つ、昭和初期建築の国の登録有形文化財の「弥栄(やさか)会館」をホテルとして改修し、クラシックな宿泊施設として活用するという。



祇園界隈はじめ京都は内外の観光客を惹きつけてやまない。四季折々におりなす文化をいつまでも抱擁する京都であってほしいものである。

<羅針盤篇50>


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

【紀元曙光】2020年1月21日

大紀元 今年の旧正月は1月25日だそうだ。今の日本人にとって旧暦は、はるか昔の感覚であり、今年のその日を知るにはパソコンで検索しなければならない。▼東アジアの中華文化圏では、今も旧正月を重んじており、長期休暇をとって楽しむ習慣が根強い。その時は、家...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真