Sony

ニュース

韓国の上空が真っ赤に!?ネットユーザーから不満続出「外出できない」「日本がうらやましい」

  • 2019年 12月15日 08時30分
  • 提供元:Record China
11日、韓国日報が韓国の大気汚染の現状を伝え、ネットユーザーから不安の声が上がっている。写真はソウル。

写真拡大

11日、韓国日報が韓国の大気汚染の現状を伝え、ネットユーザーから不安の声が上がっている。写真はソウル。

2019年12月11日、韓国日報が韓国の大気汚染の現状を伝え、ネットユーザーから不安の声が上がっている。



記事によると、韓国の国立環境科学院は11日の韓国全国の粒子状物質(PM)の濃度が、「非常に良い」「良い」「普通」「悪い」「非常に悪い」の5段階のうち「悪い」レベルになると予想した。さらに、首都圏は午前中に「非常に悪い」、その他の地域も一時的に「非常に悪い」レベルに達するとした。



また、粒子状物質の濃度を色に置き換えて視覚化するアプリ「エアービジュアルアース」でも、同日午前5時45分現在で韓国全国の上空は「非常に悪い」レベルを示す赤色で覆われていたという。



韓国の国立環境科学院は「寒さが和らいだ7日から大気が停滞し、その状況で9日から10日にかけて暖かい西風、南西風に乗って中国から流れ込んできた高濃度粒子状物質が韓国の大気の質を悪化させたが、その後に風向きが変わっていない」と説明したという。



これを受け、韓国のネットユーザーからは「本当に深刻だ」「マスクがないと怖くて外出できない」など不安の声が上がっている。また、「中国に何も言えない文大統領のせい」「中国からやって来ているのに、韓国国民の車の使用を制限するという韓国政府って…」「これでも文大統領はまだ老朽化したディーゼル車のせいにするの?」など、政府の政策に不満を示す声も続出している。



その他「空気の質だけは本当に日本がうらやましい」「こんな状況で日本の放射能を批判する韓国政府。コメディーだ」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

山東長島の冬の海景色、波と夕焼けが織りなす...

冬の山東省煙台市長島県では大海原から次々と打ち寄せる波とスッキリと澄んだ空気、そしてゴツゴツとした海岸に美しい夕焼け、灯台がまるで一幅の絵のような美しい風景を形作っていた。中国新聞網が伝えた。 県内に長山島があることから有名な同県は、山東省で唯一...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真