Sony

ニュース

舞台「鬼滅の刃」がついに開幕!竈門炭治郎役・小林亮太と鬼舞辻無惨役・佐々木喜英のコメント&舞台写真到着!!

  • 2020年 01月18日 15時00分
  • 提供元:Ballooon

ランキングBOX


舞台化発表から大きな話題を呼んでいた舞台「鬼滅の刃」が、ついに本日、東京・天王洲 銀河劇場にて開幕した。



早速、舞台写真と竈門炭治郎役の小林亮太、鬼舞辻無惨役の佐々木喜英、脚本・演出の末満健一からのコメントが到着したのでお届けする。



竈門炭治郎役/小林亮太
「この物語の中で生きる人たちが死と隣り合わせにあるように、ひとりひとりが抱く想いを果たそうと必死に闘っています。舞台「鬼滅の刃」ならではの生々しく力強さのある世界を。劇場へお越しくださるみなさんの愛も合わせて、ひとつの作品に。頑張れ炭治郎頑張れ!!座組み一丸、己を鼓舞して。応援よろしくお願い致します」



鬼舞辻無惨役/佐々木喜英
「今回登場する鬼舞辻無惨は“氷山の一角”だと思っています。長い戦いの序章となる今回の舞台では、ベールに包まれながらも垣間見える底知れない彼の恐ろしさを、要所要所でみなさまに感じていただければ嬉しいです。舞台「鬼滅の刃」を、末永く応援のほどよろしくお願いします」



脚本・演出/末満健一
「稽古中は「これをどう表現すれば良いのか?」と難問の連続でした。竈門炭治郎の戦いは、そのまま座組の戦いでもありました。すべてのピースが出揃い、通し稽古を重ねるにつれて、“早くこの作品をお客さんにお届けしたい”という想いが募るばかりでした。舞台「鬼滅の刃」、小林亮太座長率いる座組の熱量と共に、ようやくお届けできることを嬉しく思います」



本公演は、本日から1月26日まで東京・天王洲 銀河劇場にて、1月31日から2月2日までは兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobeで行われるので、ぜひ気になった方は足を運んでほしい。



【公演情報】
舞台「鬼滅の刃」
■東京公演
2020年1月18日(土)〜26日(日)天王洲 銀河劇場
■兵庫公演
2020年1月31日(金)〜2月2日(日)AiiA 2.5 Theater Kobe



原作:『鬼滅の刃』吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・演出:末満健一
音楽:和田俊輔
出演:
竈門炭治郎 小林亮太
竈門禰豆子 髙石あかり



我妻善逸 植田圭輔
嘴平伊之助 佐藤祐吾



冨岡義勇 本田礼生
鱗滝左近次 高木トモユキ



錆兎 星璃
真菰 其原有沙



白髪 柿澤ゆりあ
黒髪 久家 心



珠世 舞羽美海
愈史郎 佐藤永典



鬼舞辻無惨 佐々木喜英





<STORY>
時は大正、日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎(小林亮太)は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。さらに唯一生き残った妹の禰豆子(髙石あかり)は、鬼に変貌してしまった。絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まる――!



©︎吾峠呼世晴/集英社
©︎舞台「鬼滅の刃」製作委員会2020



オフィシャルサイト:https://kimetsu.com/stage/


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

遠藤さくら、賀喜遥香ら乃木坂46、4期生メ...

ランキングBOX 乃木坂46の4期生11名による初出演ドラマ『サムのこと』『猿に会う』が映像配信サービス・dTVで3月20日から独占放送。『サムのこと』では遠藤さくら、『猿に会う』では賀喜遥香が共にドラマ初主演を務める。 本作は、直木賞作家である西...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真