Sony

ニュース

東出昌大に業界関係者らは大激怒 「杏ちゃんのお陰で大根演技でも仕事もらえていたのに!」 唐田えりか共に業界から消されると断言

  • 2020年 01月24日 10時30分
  • 提供元:Ballooon
画像はBlu-ray『寝ても覚めても』より

写真拡大

画像はBlu-ray『寝ても覚めても』より

TABLO


 



「いかにも温厚で嫁の尻に敷かれてそうなイメージがありますけど、彼は典型的な亭主関白。育児でヘトヘトな杏さんを夜中に叩き起こして、〝この酒に合うつまみを今すぐ作って〟とわがままを言うのは日常茶飯事だった。つわりで体調が悪い日でも、上の二人の子の育児ほったらかしで飲み歩いて、挙げ句、急に友達を連れて帰って料理を出させたり。杏さんはずっと耐えていた」



こう話すのは、杏が所属する事務所トップコートに近しい関係者。週刊文春デジタルが第一報をもたらした、俳優・東出昌大と若手女優兼モデル・唐田えりかとの3年間にも及ぶ不倫関係についてです。



共演した映画をきっかけに二人の距離が急速に縮まり、当時19歳だった新人・唐田と早速肉体関係を結んだ東出。兼ねてから出演者キラーと言われていましたが、未成年にまで手を出すバカだったとは誰が想像していたでしょうか。



 



 



おしどり夫婦の手本として世間から憧れの的だった杏と東出夫妻。二人が結婚したのが、今から5年前の2015年。双子の子供をもうけ、3人目となる年子を身篭っている最中に東出は家族を欺き、外で不貞を働いていたことになります。



「杏さんと結婚する以前には真木よう子や本田翼にもちょっかいを出していたことは有名。本田さんはキモいと一蹴したそうですが、真木よう子とは一時期交際しているという噂がありました。東出は駆け出しの頃からとにかく演技が下手くそで、良いところはスタイルだけだと業界人の間で陰口を叩かれてましたが、杏さんとの結婚で救われたというか、彼女のお陰でここまで役者として生き残れたといっても過言ではないんです。それなのに、未成年の共演者に手を出して….。一夜限りの火遊びならまだしも、3年ですよ。これ、浮気を通り越してますよ完全に。東出は大手事務所所属で、不倫発覚後は早々に謝罪文を出しましたが、時すでに遅しで俳優としての今後の需要はまずないと断言します。結婚して一年やそこらで外に女を作り、子育ても殆ど杏さん任せで外で遊び呆けて。まったく救いようがないですよ。直ちにこの業界から消えて欲しいですね」(民放局・ドラマ制作)



東出と唐田が不倫関係に陥った直後から、浮気を疑っていた杏。何度も話し合いが設けられ、「わかった。会うのはもうやめる」と、一回は許したものの、子育てに専念する杏の後ろで舌を出し、関係を続けていた東出。強すぎる性欲と弱すぎる倫理観、そして道徳心。「良い夫、良い父親」のイメージが強かった東出は、まさにこの不倫で人生を詰んでしまったと言っても大袈裟ではありません。



 



 



「東出は家族のもとへ戻りたいと言ってるそうですが、矛盾だらけで聞いてて耳から反吐が出そう。猛省するもなにも、3年も不倫をしててどの口がいうかと小一時間問い詰めてやりたい気持ちです。離婚するか否かの決定権は杏ちゃんに今あって、僕としてはおそらく二人は離婚すると思いますね。彼女は頑張り屋で竹を割ったような豪快な性格でもあるから、もうウジウジ考えたりすることもせず、子供たちのために前を見ているんじゃないのかな。きっちり二人から慰謝料をとって、有耶無耶にせず東出と唐田を粛清そればいい。嫁のお陰で貰えてた仕事も多かったのに、本当東出はバカですよ。業界全体が杏ちゃんを応援してます」(映画配給会社・制作)



杏はここ1年、心療内科に通うほど心身ともに疲弊していたといいます。東出を責める気持ちもあるのでしょうが、杏のような誠実な性格だと、こんな男を選んでしまった自分をも、責めているかもしれません。



「不倫相手の唐田えりかは、女優としての今後の活動を絶たれたといってまず間違いないでしょう。年内、いや夏頃には彼女の痕跡含めてきれいさっぱり消えてるはず。というか、彼女を起用する媒体がもしこれから出てくるのならば、そっちの方の神経も疑っちゃいます。唐田は母子家庭で育ち、実の姉の結婚を祝って幸せな家族を作って欲しいなどとインスタグラムに投稿していました。人の家庭を壊しておいて、どんな言い草なんでしょう。杏さんを挑発するような真似もしていました。これでは世間の主婦層を敵に回したも同然で、彼女につくスポンサーが現れるわけがないんです。完全にアウト。清純イメージで売っていましたけど、真逆でしたというオチ。女優業のみならず人気の女性誌でモデル業もやってますが、当然そっちも居場所は無いでしょうし、韓国の大手事務所とも契約してあちらでも活動してましたが、韓国はとくに不倫問題には日本よりも厳しいところがあるので、彼女の逃げ道は完全に塞がれた状態。身から出た錆です」(広告代理店)



唐田えりかは、22歳。そこそこ知名度があってCMやドラマ、映画といよいよこれからという時期にとんでもない過ちを犯してしまいました。一体、素顔はどんな女性だったのでしょうか?



 



 



雑誌の撮影で度々彼女と現場を共にしていた関係者曰く….。



「見た目がすっきりしてる子なので、世間からは清楚なイメージを持たれていたのかもしれないけど、ごくごく普通の今どきの女の子でしたよ。自分の声がコンプレックスだとよく話してました。お酒が好きで、飲んだ翌日は喉が潰れちゃうし、生まれつき声が太いから女優に向いてないかもしれないと言ってました」(ヘアメイク)



男性誌でも頻繁に取り上げられていて、現場の編集者やカメラマンなど、特に女性スタッフよりも男性陣に懐く傾向があったそうです。体にもたれかかったり、ボディタッチも他のモデルより多めだったため、「仕事の取り方上手だなぁ」などとスタッフの間では話題になるような人物だったとのこと。



「詳しい話し合いはまだ持てれてませんけど、多分雑誌の方の仕事もなくなるのではないでしょうか? 雑誌って今、低迷してて広告頼りなんだですよ。不倫は公告主から最も嫌われますから」(同ヘアメイク)



なにかと嫌われがちな文春砲、今回はどうやら正義の大砲だったようです。不倫とは、心の殺人ともいいます。東出と唐田が犯した罪は、一生消えることはありません。杏ちゃん、がんばれ!(取材・文◎那目鯛子)



 



 


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「キレる相手は夫だけ」のはずが…元ヤンキー...

親も友達もいない孤独な都会で、子育てに奮闘する元ヤンキーのアッコさん。地方出身の彼女からすれば、都会の暮らしそのものが孤独に拍車をかける敵に見えることもあるそうで……。人気コラム「元ヤン子育て日記@TOKYO」の第3回です。  東京に出てきて、...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真