Sony

ニュース

新型コロナ拡大、麻辣火鍋のオンライン注文量が激増―重慶市

  • 2020年 02月15日 16時30分
  • 提供元:Record China
重慶市のある老舗火鍋店では13日、従業員が体温測定や消毒を行ったり、防護服を着用したりする光景がみられ、スタッフはマスクや防護服などで「完全武装」して、デリバリー用の火鍋料理を配達用容器に入れていた。

写真拡大

重慶市のある老舗火鍋店では13日、従業員が体温測定や消毒を行ったり、防護服を着用したりする光景がみられ、スタッフはマスクや防護服などで「完全武装」して、デリバリー用の火鍋料理を配達用容器に入れていた。

重慶市のある老舗火鍋店では13日、従業員が体温測定や消毒を行ったり、防護服を着用したりする光景がみられ、スタッフはマスクや防護服などで「完全武装」して、デリバリー用の火鍋料理を配達用容器に入れていた。中国新聞網が伝えた。



新型コロナウイルス感染が広がるにつれて、重慶市のすべての住宅団地で「封鎖式管理」が取られており、感染を避けるため自宅に引きこもって生活する市民がスマホで火鍋を注文しているため、重慶市の麻辣火鍋(ピリ辛の鍋料理)のオンライン注文数が激増しているという。(提供/人民網日本語版・編集AK)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真