Sony

ニュース

バルサ、ウィリアン獲得レースから離脱…

  • 2020年 04月09日 12時50分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE


ウィリアン 写真提供: Gettyimages


 バルセロナがチェルシーのブラジル代表FWウィリアン争奪戦から離脱したようだ。8日、英紙『デイリー・メール』が伝えている。



 チェルシーとの契約が今シーズンまでに迫っているウィリアン。本人は残留を希望していたが、契約年数を巡り交渉は難航。先日、同選手は「契約延長は難しい。交渉はもうしてない」と明かしており、今後の去就に注目が集まっている。そんな中、新天地候補の最有力とも言われていたバルセロナがウィリアンの獲得レースから離脱するようだ。



 バルセロナはウィリアン獲得に動いていた過去があり、2018年の夏の移籍市場で5000万ポンド(約68億円)を用意してオファーを提示していた他、昨年夏の移籍市場でも関心が噂されていた。しかし、バルセロナ若手選手の獲得をめざしており、インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスやパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールの獲得に注力したいと考えているようだ。



 また、同紙によると、現時点で有力な新天地はPSGとトッテナム・ホットスパーが挙げられている。その他にもアトレティコ・マドリードやユベントス、バイエルン・ミュンヘンなどからの関心も噂されている。果たしてウィリアンは来シーズンどのクラブでプレーしているのだろうか。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

名古屋前田は屈指のドリブラー 昨季最多78...

名古屋グランパスFW前田直輝(25)の切れ味鋭いドリブルは一見の価値あり。サッカー分析会社「データスタジアム」によると、昨季の前田はドリブルで相手を抜き去った回数がJ1最多の78回。1対1の場面でドリブルを仕掛けて相手を翻弄(ほんろう)し、最終的に...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真