Sony

ニュース

動いた後の息苦しさは重症化の前兆、中国の感染症専門家が指摘―中国メディア

  • 2020年 04月09日 15時20分
  • 提供元:Record China
日中の専門家は日本に留学中の中国人学生と華人・華僑に向けて、オンラインで新型コロナウイルス感染による肺炎についての疑問に答えた。

写真拡大

日中の専門家は日本に留学中の中国人学生と華人・華僑に向けて、オンラインで新型コロナウイルス感染による肺炎についての疑問に答えた。

在日本中国大使館は5日、工程院院士で天津中医薬大学学長、中央指導グループ専門家グループのメンバーである張伯礼(ジャン・ボーリー)氏と日本の感染症専門家である大曲貴夫氏を招き、日中の専門家は日本に留学中の中国人学生と華人・華僑に向けて、オンラインで新型コロナウイルス感染による肺炎についての疑問に答えた。北京日報アプリが伝えた。



張氏は、国では軽症や通常の症状の患者もすべて方艙医院(臨時医療施設)に収容されているが、中日本では自宅で隔離する方法がとられているため、中国と日本は状況が異なる点を指摘している。そのため、どのような症状の場合に病院へ行くべきかに注意しなければならないとした。張氏によると、軽症から重症化する場合、5日目-7日目が一般的であるため、その数日間は非常に注意が必要だ。体を動かした後に、息苦しさや胸の苦しさ、だるさといった症状が悪化するようであれば、重症化する前兆であるため、直ちに病院に行く必要があるという。



張氏はまた、「新型コロナウイルス肺炎は中高年、特に糖尿病や冠状動脈性心疾患といった基礎疾患がある患者のリスクが高く、重症化しやすい。しかしその一方で、治癒・退院する高齢者の数も少なくないほか、若い患者でも重症化することがあり、さらには死亡するリスクすらある。このように、新型コロナウイルス肺炎と患者の年齢との間に絶対的な関係はないため、若い人々も油断してはいけない。また、新型コロナウイルス肺炎と一般的な風邪には大きな違いがあり、体を動かした後に息苦しさを感じるのが新型コロナの典型的な症状だ」と指摘した。(提供/人民網日本語版・編集/TG)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

新型コロナで変わった!日本人の新たな生活ス...

2020年5月25日、光明日報は、新型コロナウイルスの影響で、日本では新たな生活スタイルが提唱されていると伝えた。 記事は、21日に安倍首相が大阪府と京都府、兵庫県の3府県の緊急事態宣言を解除したことを紹介。残るは4都県となったが、1カ月以上にわ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真