Sony

ニュース

ロイス、「サンチョはドルトに2年は残るべきだ」

  • 2020年 04月09日 16時30分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE


マルコ・ロイス ジェイドン・サンチョ 写真提供: Gettyimages


 ボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスは去就が注目されるイングランド代表FWジェイドン・サンチョについてコメントを残した。8日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。



 サンチョに対してはこれまでマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーといったビッグクラブが興味を示しており、特にユナイテッドへの移籍が有力視されている。しかし、ドルトムントの主将を務めるロイスはサンチョのクラブ残留を願っているようだ。


マルコ・ロイス


「サンチョは2年はドルトムントに残るべきだ。私の意見ではそれが彼にとってベストだね。彼はドルトムントでレギュラーとしてより競争力のあるプレーヤーに育つだろう。


 ドルトムントでプレーすることはずっと夢だったんだ。ここには幸せのすべてがある。家も家族も私のクラブもね。」



 2012年にボルシア・メンヒェングラートバッハからドルトムントへと加入したロイス。これまで公式戦250試合以上に出場しドルトムントへ忠誠心を示している。もしかするとこの忠誠心がサンチョの去就にも影響を及ぼすことになるかもしれない。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

長谷部が手術成功 欧州リーグ向け27日練習...

ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトは4日、元日本代表MF長谷部誠(36)が日本で受けた膝の小さな関節遊離体除去の手術に成功したと発表した。27日の練習から再合流する予定。ドイツの国内リーグ戦は終了したが、Eフランクフルトは8月に再開され...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真