Sony

ニュース

露外相、新型コロナで中国に賠償請求「絶対に許されない」=中国ネット「頼りになる」「東風ミサイルで」

  • 2020年 04月16日 08時00分
  • 提供元:Record China
中国から始まった新型コロナウイルスの世界的流行をめぐり米国などで中国に賠償金を請求する動きが出ていることについて、ロシアのラブロフ外相は14日、中国を擁護する発言をした。写真はモスクワ。

写真拡大

中国から始まった新型コロナウイルスの世界的流行をめぐり米国などで中国に賠償金を請求する動きが出ていることについて、ロシアのラブロフ外相は14日、中国を擁護する発言をした。写真はモスクワ。

中国から始まった新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)をめぐり米国などで中国に賠償金を請求する動きが出ていることについて、ロシアのラブロフ外相は14日、中国を擁護する発言をした。



中国メディアの参考消息網が14日、露通信社スプートニクの報道を引用して伝えたところによると、ラブロフ外相は同日のオンライン記者会見で、「中国がこのパンデミックのために支払うべきだと言うのは絶対に許されないものだ」とし、「このような主張を聞くと、髪の毛が逆立つ」と強調した。



これについて、中国のネット上では「ラブロフ外相頼りになる」「さすが兄弟」「賠償金が欲しいなら東風ミサイルで届けてやる」「ロシア人でさえ怒髪天を衝いているのに、中国人はどうした」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「中国に恩返し」ソウル市長が遺体で発見=中...

2020年7月10日、中国中央テレビの微博(ウェイボー)アカウントは、行方不明になっていた韓国・ソウル市長が遺体で発見されたと報じた。 同アカウントは、10日午前0時40分ごろ、前日より行方不明になっていた朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の遺...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真