Sony

ニュース

GKカリウス、あのCL決勝を振り返る

  • 2020年 04月16日 16時00分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE


ロリス・カリウス 写真提供: Gettyimages


 現在、ベシクタシュでプレーするドイツ人GKロリス・カリウスが2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でのレアル・マドリードとの一戦を振り返った。15日、独紙『ビルト』が報じている。



 カリウスはリバプールのGKとして決勝戦の舞台に登場。2つの致命的なミスにより1-3で敗北を喫し、批判の的となった。それ以来カリウスはリバプールのゴールマウスを守ることなく、ベシクタシュへとレンタル移籍している。


ロリス・カリウス


「たくさんのことを学んできたよ。私はもっと積極的にあのことに向き合うべきだった。


 私はセルヒオ・ラモスとの接触で脳震盪を起こしていたんだ。空間把握能力が鈍っていたんだよ。これは脳の専門家の研究で分かったことなんだけどね。


 最初はゲームで何が起こっていたのかを知れてうれしかったよ。それをみんなには知られたくなかったんだ。そのことが知れ渡ったとき、私のことをバカにしてくる人たちがいたよ。言い訳をしたことはない。けれど、頭を怪我した人を馬鹿にする人たちのことは理解できないね。


 脅迫もいくつか受けてきたよ。けど真面目には受け取っていない。彼らは匿名で書き込んでいて、顔さえ見せないんだ。」



 ベシクタシュ移籍以降も調子を取り戻したとは言い難いカリウス。契約満了に伴いリバプールへの復帰が有力視されているが、その輝きを取り戻すことができるのだろうか。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

久保建英がゴール!マジョルカが2-0で勝利

<スペインリーグ:マジョルカ2-0レバンテ>◇9日◇パルマ・デ・マヨルカFW久保建英が所属するマジョルカはホームでレバンテに2-0で勝利した。前半40分、マジョルカのFWクチョが決勝点となる先制ゴールを決めた。久保は1-0の後半39分に追加点を挙げ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真