Sony

ニュース

イタリアで中国に賠償求めるネット署名、11兆円請求か―伊メディア

  • 2020年 04月25日 09時40分
  • 提供元:Record China
伊通信社アドンクロノスの22日の報道によると、イタリアの非営利団体OnEuropeが新型コロナウイルスの感染拡大をめぐって中国政府に賠償を請求するインターネット署名を開始した。

写真拡大

伊通信社アドンクロノスの22日の報道によると、イタリアの非営利団体OnEuropeが新型コロナウイルスの感染拡大をめぐって中国政府に賠償を請求するインターネット署名を開始した。

イタリアの通信社アドンクロノスの22日の報道によると、イタリアの非営利団体OnEuropeが新型コロナウイルスの感染拡大をめぐって中国政府に賠償を請求するインターネット署名を開始した。米華字メディア・多維新聞が23日付で伝えた。



発起人のフェルディナンド・ペローネ(Ferdinando Perone)さんは、中国政府は責任を負うべきだと主張し、「重大なウイルス流行が発生した国は、24時間以内に世界保健機関(WHO)に通報しなければならない。中国政府はそれをしなかった」と述べたという。



記事によると、中国への賠償を求める署名ページは21日に公開された。ペローネさんは4~5月に署名を募り、6月に訴訟を起こすとしており、署名する人は50万人以上、請求額は1000億ユーロ(約11兆円)を超えると予想している。



このほか、イタリアの有名ホテル「ホテル・ド・ラ・ポステ(Hotel De La Poste)」は、「中国政府の報告が遅れたことで、イタリアでのウイルス拡大が深刻化した。3月に予定されていたスキーのワールドカップ(W杯)が中止になったことでキャンセルが相次ぎ、莫大な損失を受けた。中国政府は賠償責任を負うべきだ」と主張したという。



記事は、米国など各国で中国への賠償請求の動きが出ている一方で、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官が20日の会見で「中国も他国と同じくウイルスの攻撃を受けた被害者だ。加害者ではないし、ましてやウイルスの共犯者でもない。国際社会は団結、協力し、助け合うべきであり、互いに非難したり、賠償を請求するなどと騒ぎ立てたりするべきではない」と述べたことを紹介した。(翻訳・編集/北田)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

パンダ「夢夢」がドイツのベルリン動物園で7...

現地時間7月10日、ドイツのベルリン動物園で暮らしているメスのジャイアントパンダ「夢夢(ムンムン)」が7歳の誕生日を迎えた。中国新聞網が報じた。 動物園はムンムンの誕生日プレゼントに、ニンジン、リンゴ、笹の葉が添えられたシャーベットバースデーケー...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真