Sony

ニュース

低成長が定着する韓国経済に懸念の声=韓国ネット「間違った政策のせい」

  • 2020年 04月28日 07時00分
  • 提供元:Record China
26日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、韓国経済研究院が「韓国経済は最近、実際の経済成長率が潜在成長率を下回る低成長の勢いが定着している」と指摘した。写真はソウル。

写真拡大

26日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、韓国経済研究院が「韓国経済は最近、実際の経済成長率が潜在成長率を下回る低成長の勢いが定着している」と指摘した。写真はソウル。

2020年4月26日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、韓国経済研究院が「韓国経済は最近、実際の経済成長率が潜在成長率を下回る低成長の勢いが定着している」と指摘した。



記事によると、同研究院は成長力悪化の原因を分析した報告書で「通貨危機のあった1996~2000年以降で初めて、11年~15年と16年~19年の2期間連続で実際の成長率が潜在成長率を下回った」と明らかにした。特に、10年代後半(16年~19年)の国内総生産(GDP)ギャップ率はマイナス4.5%で、通貨危機のあった1996~2000年のマイナス3.6%より大きかったという。GDPギャップ率とは実際の成長率と潜在成長率の差を潜在成長率で割った数字だ。



また「最近の韓国経済の急激な成長率低下の流れは国際比較でも見られる」と分析。昨年の経済協力開発機構(OECD)34カ国の経済成長率ランキングで、韓国は11年比で7位から15位に8ランクダウン。潜在成長率は3位から10位に7ランクダウンした。GDPギャップは1位から30位に29ランクダウンしたという。



最近の韓国の成長率低調の主な原因としては「全要素生産性の寄与度の低下」を挙げた。2000年代の全要素生産性の成長寄与率は41.8%だったが、10年代は24.8%になったという。



韓国経済の成長力を高める方法としては「全要素生産性を向上させるべく企業関連規制の改革が必要」と指摘し、「企業関連規制の改革は、労働市場の柔軟化と投資費用減少を通じて労働と資本投入の増加にも寄与する」と説明したという。



同研究院関係者は「最近の経済体質の弱化により潜在成長率を下回る低成長が続く中、今年1~3月期の成長率が前四半期比マイナス1.4%を記録するなど新型コロナウイルス感染拡大による今年のマイナス成長の可能性が懸念される」とし、「技術革新と規制改革および法制度の先進化を通じて成長率を高めなければならない」と話したという。



これに韓国のネットユーザーからは「ここ3年の文政権の間違った政策が招いた結果だ」「貴族労組を称える政権がいる限り、この国に希望はない」「新型コロナウイルス感染が拡大する前から文政権の経済張力は0点だった」「所得主導成長が可能なのは人口が500万ほどの国。稼ぐ人より恩恵を受けようとする人の多い人口構造では無理だよ」など現政権の政策に不満の声が上がっている。



一方で「経済が全てじゃない。平和と平等な社会の方が大事。だから韓国国民は文大統領を支持している」と主張する声や、「国際通貨基金(IMF)の今年の経済成長率予想では先進国のうち最も低下率が小さいけど?」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「中国に恩返し」ソウル市長が遺体で発見=中...

2020年7月10日、中国中央テレビの微博(ウェイボー)アカウントは、行方不明になっていた韓国・ソウル市長が遺体で発見されたと報じた。 同アカウントは、10日午前0時40分ごろ、前日より行方不明になっていた朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の遺...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真