Sony

ニュース

アフリカでバッタの大群による「蝗害」第2波発生、中国も警戒―仏メディア

  • 2020年 05月01日 16時30分
  • 提供元:Record China
29日、仏国際放送局RFIは、東アフリカ地域で大量のバッタが農作物を食い荒らす被害の第2波が発生しており、中国政府も警戒を強めていることを報じた。

写真拡大

29日、仏国際放送局RFIは、東アフリカ地域で大量のバッタが農作物を食い荒らす被害の第2波が発生しており、中国政府も警戒を強めていることを報じた。

2020年4月29日、仏国際放送局RFIは、東アフリカ地域で大量のバッタが農作物を食い荒らす被害の第2波が発生しており、中国政府も警戒を強めていることを報じた。



記事は、新京報による報道として、今年の第2波となるバッタの異常発生が東アフリカ各地で起きており、その数は第1波のおよそ20倍であると紹介。アフリカ地域で少なくとも2000万人に影響が出ると伝えた。



そして、中国農業科学院植物保護研究所の張沢華(ジャン・ザーホア)研究員が「6月ごろに中国大陸もバッタの高リスク期に入る」との見方を示したことを紹介した上で、国家発展改革委員会、農業農村部、国家糧食・物資儲蓄局など11部門が先日連名で今年の食糧安全性確保に関する通知を出し、新型コロナウイルスの影響で食糧供給が滞り、社会の安定が揺らぐことのないようにするため5つの「重点任務」を打ち出したとしている。



記事によれば、5つの重点任務は、食糧生産の総合能力強化、栽培面積と生産量の基本的な安定確保、食糧備蓄の安全管理強化、食糧の市場や流通の管理徹底、食糧の緊急対応能力強化となっている。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

新型コロナで北朝鮮の食糧事情さらに深刻?脱...

2020年7月2日、韓国・YTNは、北朝鮮の食糧事情が、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響を受け、軍幹部の家族への米配給も中断するほど深刻だと伝えた。 北朝鮮の外交官出身の脱北者で、韓国の情報機関・国家情報院傘下の政策シンクタ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真