Sony

ニュース

中国初の大型シェールガス田、累計生産量が300億立方メートルに―中国メディア

  • 2020年 05月15日 05時20分
  • 提供元:Record China
中国初の商業開発の大型シェールガス田で、中国石油化工集団(中国石化)江漢油田涪陵シェールガス田のシェールガス累計生産量が300億立方メートルにのぼった。資料写真。

写真拡大

中国初の商業開発の大型シェールガス田で、中国石油化工集団(中国石化)江漢油田涪陵シェールガス田のシェールガス累計生産量が300億立方メートルにのぼった。資料写真。

中国初の商業開発の大型シェールガス田で、中国石油化工集団(中国石化)江漢油田涪陵シェールガス田のシェールガス累計生産量が300億立方メートルにのぼった。現在の1日あたり生産量は1700万立方メートルで、3400万世帯の日常的なガスの需要を満たせる。国民経済の回復の加速、エネルギー安全の保障、美しい中国の建設に貢献している。華竜網が伝えた。



重慶市に位置する涪陵シェールガス田は、中国の「川気東送」(四川省の天然ガスを東部に輸送する)パイプラインの重要ガス源の一つであり、中国石化「ガス化長江経済ベルト」行動の重要な資源の基礎だ。同ガス田の開発成功は中国のエネルギー開発の歴史における新たな一里塚となり、中国のエネルギー革命の新たな道を切り開いた。



シェールガス開発という世界的な難題に直面した中国石化はゼロから取り組みを開始し、模索を続けた。シェールガス埋蔵総合評価、水平井最適化快速掘削、長水平井段階的破砕ガス試験、試験掘削・開発、グリーンな開発を中心とする涪陵シェールガス田開発の特色ある5大技術体制を革新的に集約した。中国初の国家級シェールガスモデルエリアを完成し、世界のシェールガス開発に貴重な経験を提供した。現在ガス田「焦頁1HF井」が2680日連続で生産しており、「焦頁6-2HF井」の累計生産量が3億1000万立方メートルを超えている。中国最長のシェールガス田の開発期間、単一井あたり最大の累計生産量という2つの記録を引き続き保持している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

日本のトイレで中国人男性が驚き!「なぜこれ...

中国メディアの上海熱線は4日、日本人の列に並ぶという習慣の背景について説明した中国人観光客の男性による手記を掲載した。 男性はまず、「初めて日本に行った人は、日本人が駅、エスカレーター、トイレ、窓口など、至るところで整然と列に並んでいることにきっ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真