Sony

ニュース

「ガッキー、どうした!?」 新垣結衣の“らしくない”セクシー写真に老若男女、騒然!

  • 2020年 05月24日 09時30分
  • 提供元:Ballooon
画像はイメージです

写真拡大

画像はイメージです

TABLO


 



清純派女優の王道をゆくガッキーこと新垣結衣も、もうすぐ32歳。すでに立派なオトナですが、最近の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の再放送の影響もあってか、その清楚で可愛らしいイメージは、相変わらず群を抜いているようです。



そんなガッキーのファンのインスタグラムにアップされた写真が話題となっております。



 



それは過去にファッション誌用に撮られた写真のようですが、男を殺すような目力と真っ赤な口紅、三重の眩しい宝石がまかれた首元からは、『逃げ恥』で演じたような真面目な雰囲気は感じられません。



写真のガッキーはお嬢様…というより、まるで女王様のような風格さえ漂わせています。



既存のイメージを壊すかのような写真にネットやSNSでは、様々な反応がありました。



 



「ケ、ケバい…こんなのガッキーじゃない!」



「やさぐれ感がハンパない…からまれそう…」



「セクシー…だけどいつものガッキーが好き」



 



予想外のガッキー像にとまどうファンも多いようです。



 



 



一方、普段見られないガッキーとあって、喜ぶファンもいます。



 



「夜に変身するガッキーって感じでゾクゾクする」



「こんな女性が夜の店に勤めていたら、貢ぎたい」



 



あらぬ妄想を掻き立てられる男性ファンもいるようです。それでもやはり、女性を中心とした大方のファンからはあまり評判はよろしくないようで…。



 



「濃い口紅が似合ってないような…無理してる感じがする」



「チョーカーも着させられ感がすごい…背伸びしないで」



 



やはり、『逃げ恥』のイメージが強いのか、オトナなガッキーの雰囲気に抵抗がある人が多いようです。



とはいえ、しつこいようですが、ガッキーもすでに三十路です。にもかかわらず、オトナな雰囲気が似合わないとは…。



ひょっとしたら、どんなに年齢を重ねようとも、ガッキーはガッキー…ファンはガッキーに変わらぬ「永遠の処女性」を見ているのかもしれません。(文◎編集部)



 



 


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

断捨離できないおっさん

昭和40年男 いきなり脱線ゲームだ。僕は下町の電気屋に育った。当時の個人店では珍しく、松下とシャープの併売店だった。親父曰く、当時から一流と呼ばれていたメーカーと、新進の元気のいい企業を組み合わせたかったとのこと。そこで親父の目の付け所が、シャープ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真