Sony

ニュース

韓国マンション 間取りの特徴 【韓国】

  • 2020年 05月26日 08時10分
  • 提供元:Ballooon
韓国マンション 間取りの特徴 【韓国】

写真拡大

韓国マンション 間取りの特徴 【韓国】

ワウネタ海外生活


国が変われば文化が変わり、居住空間も変わります。
韓国のマンションも日本とは間取りの違う部分があり戸惑います。
まず、廊下がないことに衝撃を受けるかもしれません。
室内には廊下がなく、玄関を開けるとリビングまで丸見えということになります。
そしてリビングからドア1枚で各部屋に繋がっている間取りが多く、部屋に入るには必ずリビングを通るという動線になっているケースが多いです。
2つ目に基本的は、ユニットバスです。
そのため、トイレとシャワーがセットになっているのですが、脱衣所がありません。
ドアを開けるといきなりシャワーが出てくるので着替えはリビングで行ってから入ります。
あと、冬の寒さに対応できるようにオンドル(床暖房)が完備されています。
あまりに安い物件ではこのオンドルがついていない、または故障しているということもあるので気をつけましょう。
あと、ベランダは付いている物件は少なく、夏が暑くなるので日当たりの良すぎる部屋は人気がありません。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

どれ食べる?「桃たっぷりケーキ」絶品4品が...

カフェコムサにて、7月8日(水)~7月31日(金)の期間限定で、これから旬を迎える桃をふんだんに使用したフェア「桃源郷物語」が開催中。 桃を使用したケーキ4種が登場しています。 ・山梨県笛吹産「富士山の彩」のケーキ ベース:フロマージュブラン [プ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真