Sony

ニュース

上海で高齢者の人口比が35%超に、いっそう進む高齢化―中国

  • 2020年 05月26日 09時40分
  • 提供元:Record China
2019年12月31日時点で、上海戸籍をもつ60歳以上の高齢者は518万1200人で、戸籍総人口の35.2%を占め、この割合は2018年年末の34.4%より0.8ポイント高くなった。

写真拡大

2019年12月31日時点で、上海戸籍をもつ60歳以上の高齢者は518万1200人で、戸籍総人口の35.2%を占め、この割合は2018年年末の34.4%より0.8ポイント高くなった。

上海市老齢工作委員会弁公室と上海市統計局が先ごろ発表した最新データによると、2019年12月31日時点で、上海戸籍をもつ60歳以上の高齢者は518万1200人で、戸籍総人口の35.2%を占め、この割合は2018年年末の34.4%より0.8ポイント高くなった。現在、上海戸籍をもつ100歳以上の高齢者の数は計2729人で、うち男性678人、女性2051人となっている。新華社が伝えた。



上海は中国全土で最も早く高齢化が始まり、しかも高齢化が最も進んでいる都市の1つだ。データによると、上海戸籍をもつ人の数は1471万1600人となっている。2018年年末から2019年年末にかけて、60歳以上の高齢者は14万8400人増加した。70歳以上の高齢者は12万4600人増え、総人口に占める割合は14.2%から15.0%まで上がった。また、80歳以上の高齢者は3100人増えたが、総人口に占める割合は5.58%から5.57%に下がった。



またデータによると、2018年年末から2019年年末にかけて、上海戸籍をもつ100歳以上の高齢者は213人増え、10万人当たりの100歳以上の高齢者数は17.2人から18.6人に増えた。2019年、上海戸籍をもつ人の平均寿命は83.66歳で、うち男性が81.27歳、女性が86.14歳だった。循環器系疾患、腫瘍、呼吸器系疾患が高齢者の健康を脅かす三大疾患で、それぞれ高齢者の死因の43.6%、29.2%、8.2%を占めている。(提供/人民網日本語版・編集/AK)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

パンダ「夢夢」がドイツのベルリン動物園で7...

現地時間7月10日、ドイツのベルリン動物園で暮らしているメスのジャイアントパンダ「夢夢(ムンムン)」が7歳の誕生日を迎えた。中国新聞網が報じた。 動物園はムンムンの誕生日プレゼントに、ニンジン、リンゴ、笹の葉が添えられたシャーベットバースデーケー...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真