Sony

ニュース

チェルシー、リバプール移籍停滞のベルナーを横取りへ…

  • 2020年 05月29日 17時00分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE


ティモ・ベルナー 写真提供: Gettyimages


 チェルシーはRBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ベルナーの獲得に興味を示しているようだ。28日、独紙『ビルト』が報じている。



 ベルナーに関してはかねてからユルゲン・クロップ監督率いるリバプールへの移籍が噂されてきたが、新型コロナウイルスの影響による財政的な問題で交渉は停滞している。



 ベルナーの獲得には6月15日まで契約解除金として5500万ユーロ(約65億円)が設定されており、リバプールは6月15日以降にベルナー獲得に動くようだ。しかし、リバプールはベルナー獲得に3300万ユーロ(約39億円)程度しか用意しておらず、ライプツィヒがこのオファーを拒否する可能性が高いようだ。



 チェルシーのフランク・ランパード監督は新たなフォワードの獲得を求めており、ベルナーをリストアップしている模様。またチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーはシュトゥットガルト時代にベルナーと共にプレーしており、良好な関係性を築いている。ベルナーにとって移籍の1つのメリットになるかもしれない。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

清水宮本「誰よりも走る」ルヴァン杯でアピー...

J1清水エスパルスは11日、静岡市内で約1時間の調整に励み、12日のルヴァン杯1次リーグ最終節・鹿島戦(アイスタ、午後7時)に備えた。両チーム2戦2敗ですでに敗退が決まっているが、オンライン取材に応じたMF宮本航汰(24)は、重要なアピールの場と位...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真