Sony

ニュース

大人気「中国版プデュ」に出来レース疑惑?結果発表前にスポンサー企業が「第1位おめでとう」

  • 2020年 06月01日 15時20分
  • 提供元:Record China
中国版「PRODUCE101」の「青春有你2」で5月30日、結果が発表される前にスポンサー企業が祝福のメッセージを発信したことで、出来レースではないかと中国版ツイッターの公式ページが大荒れとなった。

写真拡大

中国版「PRODUCE101」の「青春有你2」で5月30日、結果が発表される前にスポンサー企業が祝福のメッセージを発信したことで、出来レースではないかと中国版ツイッターの公式ページが大荒れとなった。

中国版「PRODUCE 101」の「青春有你2」(Youth With You 2)で5月30日、最終結果が発表される前にスポンサー企業が祝福のメッセージを発信したことで、「出来レースだったのではないか」と中国版ツイッターの公式ページが大荒れ状態となった。



今年3月初めにスタートした「青春有你2」は、9人組女性ユニットを選抜するオーディション番組で、毎回の配信で動く順位が熱い注目を集めてきた。先月30日に最終決戦を迎え、ネットユーザーの投票で選ばれた9人が「THE9」としてのデビューを決めている。



しかし、30日の最終決戦の結果発表前に、番組スポンサー企業が有力候補の1人、劉雨●(●は日の右に斤、リウ・ユイシン)の名前を挙げて「第1位おめでとう」と中国版ツイッターに投稿したことが、ネット上で注目の的に。この投稿はすぐ取り下げられたが、「青春有你2」の中国版ツイッター公式ページには、番組が出来レースだったのではないかと疑う怒りの投稿があふれ、大荒れ状態となった。



なお、30日の最終決戦では午後8時~9時半にかけてネットユーザーの投票が行われ、同10時を過ぎてから結果が発表された。しかしスポンサー企業は午後8時すぎに問題のメッセージを投稿していた。



このスポンサー企業は31日、結果発表を見て発信するために用意していたものをスタッフが誤って投稿してしまったと事情を説明し、謝罪している。



今回の「青春有你2」では、すでに別のユニットでデビューしている劉雨●が1位に選ばれ、もともと人気・実力ともに最有力と見られていただけに視聴者も納得の結果となった。しかし、劉雨●のファンからはせっかくの勝利にケチがついたとして、同企業への批判が止まらない状況となっている。(Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真