Sony

ニュース

レアル拒否しリバプール加入のエリオット、レアルのアイツが嫌いだった…

  • 2020年 06月01日 18時00分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE


ハーベイ・エリオット 写真提供: Gettyimages


 リバプールのU-17イングランド代表ハーベイ・エリオットは過去にレアル・マドリードの練習場に訪れた際、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの対面を拒否したようだ。30日、英メディア『The Athletic』が伝えている。



 フラムの下部組織出身のエリオットは2019年に16歳60日でプレミアリーグ史上最年少デビューを果たした。そんなエリオットに対してはレアル・マドリードやパリ・サンジェルマンなどが獲得に興味を示していた。



 結局は2019年7月にリバプールへと加入したエリオット。かねてからエリオットはリバプールのファンで2018年のチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリード対リバプールも現地で観戦したようだ。



 そんなエリオットはフラム時代にレアルとの交渉のためベルナベウを訪れたようだ。その際にキャプテンのラモスに会わないかと話を持ち掛けられたようだがエリオットはこれを拒否した。同選手は「会わなくていいよ。私は彼のことが好きじゃないんだ。彼が決勝の舞台でサラーにしたことを見てからね」と発言したようだ。



 CL決勝の舞台でリバプールのエースエジプト代表FWモハメド・サラーの肩を脱臼させたラモス。リバプールファンのエリオットとしては受け入れがたいプレーだったのだろう。結局はレアルからのオファーを断りリバプールへと移籍したエリオット。今後のアンフィールドでの活躍に期待がかかる。



 



 


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

川崎F小林が通算112得点、クラブ最多記録...

<明治安田生命J1:札幌1-6川崎F>◇第10節◇15日◇札幌ド川崎フロンターレのFW小林悠が通算111得点目をマークし、最多得点のクラブ新記録を樹立した。後半19分から途中出場すると、同42分にチームの5得点目を決めた。終了間際にももう1点を加え...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真