Sony

ニュース

ジェイ・チョウ新曲「モヒート」が観光ブーム呼ぶ?駐中国キューバ大使も喜びのコメント

  • 2020年 06月16日 21時00分
  • 提供元:Record China
人気アーティストのジェイ・チョウの新曲「Mojito」(モヒート)が注目を浴びる中、在中国キューバ大使のカルロス・ミゲル・ペレイラ氏も、中国からの観光客増加への期待を語っている。

写真拡大

人気アーティストのジェイ・チョウの新曲「Mojito」(モヒート)が注目を浴びる中、在中国キューバ大使のカルロス・ミゲル・ペレイラ氏も、中国からの観光客増加への期待を語っている。

人気アーティストのジェイ・チョウ(周杰倫)の新曲「Mojito」(モヒート)が注目を浴びる中、在中国キューバ大使のカルロス・ミゲル・ペレイラ氏も、中国からの観光客増加への期待を語っている。



台湾の人気アーティスト、ジェイ・チョウの最新曲「Mojito」が今月12日にリリースされ、キューバの首都・ハバナで撮影されたMVも同時公開された。昨年リリースした「泣かないと約束したから/説好不哭」では、MVに登場する原宿および東京都内各所の“聖地巡り”を盛り上げ、主演した女優・三吉彩花を中華圏でブレークさせたが、今回の「Mojito」もすでに大きな反響が。12日正午の時点で、「キューバ」を含む検索回数が前日より1113%もアップしている。



12日、在中国キューバ大使のカルロス・ミゲル・ペレイラ氏が記者会見を行い、楽曲の大きな反響について語った。MVには文豪ヘミングウェイの愛したバーをはじめ、キューバの観光地が盛り込まれているが、これについてペレイラ氏は、「すでに中国の人々の関心の高まりを実感している。キューバ人はもてなし好きなので、今後は多くの中国人観光客に足を運んでほしい。現在は旅行もままならない状態だが、大きな効果が生まれると期待している」と語っている。



高度医療の先進国として名高いキューバは、他の中南米諸国と比較して新型コロナウイルス感染症の封じ込めに成功しており、今月11日の段階で感染者数2219人、これまでに約85%の患者が回復している。ペレイラ氏によると経済活動も少しずつ再開しており、遠くない未来に「Mojito」効果を実感できるよう期待しているという。(Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「旭日旗は戦犯旗です」=欧州4大リーグ78...

2020年8月6日、韓国・OSENによると、世界から旭日旗をなくすために活動している韓国・誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が、サッカー欧州4大リーグに「旭日旗は戦犯旗だ」と主張する内容のメールを送信した。 記事によると、徐教授はプレミア...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真