Sony

ニュース

韓国の製造業45%がコロナ大流行期より「今が深刻」、現場従業員は悲痛「給料が減った」

  • 2020年 06月23日 06時00分
  • 提供元:Record China
21日、韓国・中央日報は、韓国の製造業の約半数が、新型コロナウイルスの感染状況が深刻だった3~4月よりも現在の方が困難を感じているとの調査結果が出たと報じた。写真は韓国製品の展示会。

写真拡大

21日、韓国・中央日報は、韓国の製造業の約半数が、新型コロナウイルスの感染状況が深刻だった3~4月よりも現在の方が困難を感じているとの調査結果が出たと報じた。写真は韓国製品の展示会。

2020年6月21日、韓国・中央日報は、韓国の製造業の約半数が、新型コロナウイルスの感染状況が深刻だった3~4月よりも現在の方が困難を感じているとの調査結果が出たと報じた。



大韓商工会議所が21日に発表した「ポストコロナ企業の対応の現状と政策課題調査」によると、製造業308社中45.2%は「3~4月よりも現在の方が経営環境が悪化している」と回答した。「3~4月と同様」は46.3%、「改善された」は8.5%にとどまった。



製造業が現在直面している課題として最も多く挙がったのが輸出(29.2%)で、資金難(27.3%)、国内販売(24%)、調達及び生産(8.8%)、雇用維持(8.8%)の順だった。



大韓商工会議所の関係者は、「3月に同様の調査を行った際には部品調達を課題として挙げる回答が多かったが、今回の調査では輸出が困難と訴える声が目立った」とし、「新型コロナウイルスが世界的に広がったことによる打撃が大きいものとみられる」と指摘している。



また、今年の売り上げ見通しを問う質問には、80%の企業が「減少するだろう」と予想。減少幅が「20%を超えるだろう」と回答した企業は40%に上った。



このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「韓国の企業は生き残りの岐路に立たされている」「新型コロナによる経済への影響が、最近さらに深刻になってきている。思っていたよりも困難だ」「今が一番つらい時期だ」などと、状況を深刻に受け止める声が多く挙がっている。



さらに、「来年は今よりもっと深刻になりそうだ」「大量解雇が行われるよ。企業が持ちこたえるのも限界がある」などと今後を懸念する声も。



その他、「自動車業界で働いているが、残業がなくなって給料が減った。午後5時半に退勤できるのはいいが、給料が減るのは…」と製造業従事者の切実な声や、「協力し合ってこの状況を乗り越えていけるといい」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

新型コロナで「強迫性障害」に!?手の洗いす...

新型コロナウイルス予防・抑制対策が常態化する中、人々は少しずつ普通の生活を取り戻している。しかし、新型コロナウイルスが自分にもたらした影響がなかなか消えないと感じている人も多いかもしれない。例えば、1日に何十回も手を洗ったり、除菌シートで拭いてから...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真