Sony

ニュース

スペイン版「おかあさんといっしょ」の「カンタ・フエゴ」【スペイン】

  • 2020年 06月29日 08時10分
  • 提供元:Ballooon
スペイン版「おかあさんといっしょ」の「カンタ・フエゴ」【スペイン】

写真拡大

スペイン版「おかあさんといっしょ」の「カンタ・フエゴ」【スペイン】

ワウネタ海外生活


スペインの子供向け番組はいくつかありますが、圧倒的な人気を誇るのが「カンタ・フエゴ(CantaJuego)」。「カンタ」は「歌」、「フエゴ」は「遊び、ゲーム」という意味です。
その名の通り、スペインや全世界で馴染みのある童謡や子どもの歌を、お兄さんとお姉さんたちがダンスや手遊びを交えながら歌います。これはテレビ番組ではなく、youtubeでの動画配信です。スペイン全土でコンサートツアーもときどき行なっています。スペイン語で歌いますが、最近は英語バージョンも登場しました。動画では、5歳くらいから10歳くらいまでの子どもたちが一緒に歌って踊ることもあり、そのほかにもアニメーションや着ぐるみが登場したりもします。特に名前のついたキャラクターがいるわけではなく、歌に出てくる動物の着ぐるみが登場します。
日本での「おかあさんといっしょ」と同様の知名度と人気度がありますが、異なる点はカンタ・フエゴは歌に特化しており、ゲームや人形劇、お話しなどは一切ありません。
私の子どもたちも生後8か月ごろからカンタ・フエゴを集中して見るようになり、2歳になったばかりの長男は手遊びや踊りも一緒にやっています。料理をしているときや大人が食事中のときなどには、特にとても助かります。また、スペイン語勉強中の私も子どもたちと一緒に見ながらスペイン語の勉強にもなります。
個人的には、ダサかわいい着ぐるみと、顔と身体をフルに使った表現力が抜群のお兄さんお姉さんたちが面白くてかわいらしくて大好きです。また、日本語でも知っている「ロンドン橋落ちた」、「きらきら星」などの歌をスペイン語で聞くのもおもしろいです。興味のある方は検索してみてください。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

明大がショック! 果敢にチャレンジが裏目に...

今週(2020年7月27日週)の早稲田大学は試験とレポートに追われ、静観。「円爆売り」を期待して、次週に賭ける。一方、果敢にチャレンジした明治大学。は、購入時の価格が今週の最高値の展開に涙。「相当なハズレくじを引いたようです」とショ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真