Sony

ニュース

「見せかけの不買」と言われた韓国コンビニが日本産ビールの返品開始、しかしネットは…

  • 2020年 07月02日 09時20分
  • 提供元:Record China
30日、韓国・ソウル経済は、「見せかけの不買」と批判を受けていた韓国のあるコンビニチェーンが、ついに日本のビールの返品に乗り出したと報じた。写真は韓国のコンビニチェーンCU。

写真拡大

30日、韓国・ソウル経済は、「見せかけの不買」と批判を受けていた韓国のあるコンビニチェーンが、ついに日本のビールの返品に乗り出したと報じた。写真は韓国のコンビニチェーンCU。

2020年6月30日、韓国・ソウル経済は、「見せかけの不買」と批判を受けていた韓国のあるコンビニチェーンが、ついに日本のビールの返品に乗り出したと報じた。



記事によると、韓国のコンビニ業界は昨年、日本製品不買運動に参加すべく日本産ビールを割引イベントから除外していた。しかし返品は受け付けなかったため「本社が名分だけ持って行き損害は加盟店に転嫁している」と非難の声が上がっていた。一部では、自主的に販売価格を調整するなどして「在庫払い」に乗り出した店主もいたという。



そんな中、コンビニチェーンのCUの本社が、賞味期限の迫った日本産ビール12種に対し返品処理を行ったという。CU関係者は「加盟店の在庫負担を減らすため、本社で返品を進めた。費用はすべて加盟本部が負担した」と話しているという。



韓国で日本産ビールに対する不買運動は依然として進行中で、毎月輸入額1位だった日本産ビールは、昨年7月からの不買運動の影響で激減し、今年1~5月までの輸入額は昨年同期比91%減少したという。



これを受け、韓国のネット上では「ニンテンドースイッチやどうぶつの森は並んでまで買うくせに。俺はキリン一番搾りが飲みたい」「この不買運動に何の意味があるの?。代替品があるものは不買運動。ないものは言い訳して買う。他人が不買運動に参加しなきゃ非難。こんなおかしなことってある?」「日本産ビール飲まないからってどうなる?」「中国製品の不買運動はしないのに?」と不買運動そのものに対する不満が高まってきているようで、「反日フレームは親北派の資金確保という政治的目的が強い」「不買は市民が自発的に行うからこそ意味がある。企業が不買運動に参加しろと強要するのは、日本のやり方と何ら変わりない」など反論の声も上がっている。(翻訳・編集/松村)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

日本のトイレで中国人男性が驚き!「なぜこれ...

中国メディアの上海熱線は4日、日本人の列に並ぶという習慣の背景について説明した中国人観光客の男性による手記を掲載した。 男性はまず、「初めて日本に行った人は、日本人が駅、エスカレーター、トイレ、窓口など、至るところで整然と列に並んでいることにきっ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真