Sony

ニュース

前代未聞!アフリカで360頭のゾウが謎の死、「新型コロナか?」と物議―中国メディア

  • 2020年 07月03日 13時20分
  • 提供元:Record China
2日、環球網は、アフリカのボツワナでゾウ360頭が謎の死を遂げ、専門家からは新型コロナウイルスとの関連性を指摘する声も出ていると報じた。写真はボツワナの国立公園。

写真拡大

2日、環球網は、アフリカのボツワナでゾウ360頭が謎の死を遂げ、専門家からは新型コロナウイルスとの関連性を指摘する声も出ていると報じた。写真はボツワナの国立公園。

2020年7月2日、環球網は、アフリカのボツワナでゾウ360頭が謎の死を遂げ、専門家からは新型コロナウイルスとの関連性を指摘する声も出ていると報じた。



記事は、米CNNおよび英BBCの報道として、ボツワナでこの3カ月間に360頭余りののゾウが原因不明の死を遂げたと紹介。環境保護活動家が「飛行機で3時間ほど調査したところ、169頭のゾウの死体を発見したため政府に報告した。それから1カ月でさらに多くのゾウの死体が見つかり、350頭を超えた」と説明したという。



また、英国の慈善団体関係者の話として「干ばつが起きていない状況で、これほど大量のゾウが死ぬというのは前代未聞だ」としている。



記事はその上で、ゾウの死体の約7割が水たまりの近くで見つかった一方で、性別や年齢に顕著な特徴は見られなかったと説明。慈善団体関係者が「死因はいろいろ考えられる。ゾウ特有の寄生虫によるものかもしれないし、新型コロナウイルスの可能性もある。どんな原因であったとしても、公衆衛生の危機につながり得る問題であり、真相を明らかにしなければならない」と語ったことを紹介した。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

中国国債が世界国債インデックス指数に採用―...

中国国債はブルームバーグ・バークレイズ指数とJPモルガンGBI-EMグローバルディバーシファイドに採用されたのに続き、今月25日には指数算出会社FTSEラッセルが、世界国債インデックス(WGBI)に組み入れると発表した。市場の推計によると、WGBI...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真