Sony

ニュース

コロナ禍も何のその!ジェイ・チョウの上半期収入は16億円、新曲「Mojito」もヒット

  • 2020年 07月04日 18時20分
  • 提供元:Record China
コロナ禍にもめげず、台湾の人気ミュージシャンのジェイ・チョウの今年上半期の収入は概算で4億6000万台湾ドル(約16億7800万円)に上ると台湾メディアが報道している。

写真拡大

コロナ禍にもめげず、台湾の人気ミュージシャンのジェイ・チョウの今年上半期の収入は概算で4億6000万台湾ドル(約16億7800万円)に上ると台湾メディアが報道している。

新型コロナウイルスが芸能界を直撃した今年上半期、台湾の人気ミュージシャンのジェイ・チョウ(周杰倫)はコロナ禍にもめげず、その収入が概算で4億6000万台湾ドル(約16億7800万円)に上ると台湾メディアが報道している。



昨年は楽曲「泣かないと約束したから/説好不哭」で、MVに登場する東京都内各所の“聖地巡り”ブームを生んだジェイ・チョウ。今年6月には新曲「Mojito」(モヒート)をリリースしたが、YouTubeでの閲覧回数が3日現在で1570万回を突破。中国の4大音楽配信サービスでの売り上げは600万枚を超え、1枚3元(約45円)で計算すると、収益は1980万元(約3億円)を超えている。



このほか、中国だけで仏ロレアル社やネスレなど9社のCM契約を抱え、時計ブランドの「TUDOR(チューダー)」、ワイヤレスイヤホンの「1more(ワンモア)」の世界規模のイメージモデルの起用されており、契約企業は計11社に。自身のファッションブランド「PHANTACi」やスポーツジムの経営、eスポーツチーム「J Team」も運営しており、コロナ禍で各地のコンサートが中止に追い込まれたものの、それほど大きな打撃を受けず驚くべき収益となっている。(Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「旭日旗は戦犯旗です」=欧州4大リーグ78...

2020年8月6日、韓国・OSENによると、世界から旭日旗をなくすために活動している韓国・誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が、サッカー欧州4大リーグに「旭日旗は戦犯旗だ」と主張する内容のメールを送信した。 記事によると、徐教授はプレミア...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真