Sony

ニュース

漢字9文字で振り返る「2020年上半期」―中国

  • 2020年 07月04日 23時10分
  • 提供元:Record China
今年もあっという間に半年が過ぎてしまった。新型コロナウイルス感染拡大という未曾有の事態に見舞われたこの半年、あなたはどんな日々を過ごしただろう?

写真拡大

今年もあっという間に半年が過ぎてしまった。新型コロナウイルス感染拡大という未曾有の事態に見舞われたこの半年、あなたはどんな日々を過ごしただろう?

今年もあっという間に半年が過ぎてしまった。新型コロナウイルス感染拡大という未曾有の事態に見舞われたこの半年、あなたはどんな日々を過ごしただろう?ここでは、今年上半期の世相を表す漢字9文字を以下にピックアップしてみた。あなたの心に最もヒットする漢字はどれだろうか?中国新聞網が伝えた。



1.「疫」



新型コロナウイルスが突然猛威を振るい、私たちの上半期の生活のリズムと歩調は、すべてそれをめぐって展開されることになった。最初は茫然としたり慌てたりしたものの、今では落ち着いて、自信を持って対応することができるようになった。今回の「疫」病の襲来を経験したことで、私たちは実に多くのことを学んだ。払ってきたどんな代価も、今後の私たちの生活をもっと良くするための推進力となってくれることを願っている。



2.「宅」



上半期、私たちは自「宅」で長期間の巣ごもり生活を送った。同じように巣ごもりをしていても、その結果はさまざまだ。体重が5キロ増えたという人もいれば、トレーニングをして腹筋が割れたという人もいる。また、デリバリーばかり注文していたという人もいれば、料理の腕を磨いたという人もいる。さらに、学業がおろそかになったという人もいれば、新しいスキルを身に着けたという人もいる。あなたは、自「宅」でどのように巣ごもりしていただろうか?



3.「援」



「どこかに困難があれば四方八方から支援が来る」という言葉は幼いころからよく知っているだろう。過ぎ去ったばかりの上半期は、その言葉の意味を改めて実感することとなった。新型コロナウイルス感染が深刻だった武漢に対する中国各地からの支援であれ、海外の華人華僑の祖国に対する無私の支援であれ、そしてもちろん、「山川域を異にすれども、風月天を同じうす」という各国からの援助も含め、そのすべてが温かい気持ちにさせてくれた。



4.「涙」



普段は「軽々しく泣かない」という硬派の男性でも、この半年は、何度も涙を流してしまうことになった。避難する人の流れに逆行して感染状況が深刻だった湖北へと向かった白衣の戦士たち、新型コロナウイルスとの闘いで犠牲となったこの世の天使たち、新型コロナウイルスに苦しめられた感染者、一般の人々のために「子と袍を同じうせん」の精神での助け合い、湖北から「凱旋」を果たし、ついに家族と再開して抱き合う「勇士」たち、感染状況データが少しずつ減り、最終的に0人となった瞬間、次々と報じられる関連科学研究進展の吉報など、涙腺を緩ませるシーンや出来事がたくさんあった。



5.「延」



東京オリンピックが延期となり、学校の再開日が延期となり、中国大学統一入学試験(通称「高考」)が延期になり、結婚式が延期となった。上半期、私たちの生活では、実に多くのことが「延期」された。だが、どうか信じてほしい。新型コロナウイルス感染拡大という特殊な状況下での「遅れ」は、もともと得ることができるはずだった幸せや成功が「なくなった」というわけではなく、少しばかり「遅れる」というだけで、もしかしたらそれを一層大切にできるようになるかもしれない。



6.「雲」



「雲」は中国語で「クラウド」を意味する。テレワークで「クラウド会議」、オンラインで「クラウド授業」、友人らと「クラウド集まり」、身内や恋人と「クラウド団欒」など。上半期、「クラウド」なしで生活できた人は誰もいないのではないだろうか。



7.「変」



あなたの生活ではどのような変化があっただろう?マスクを着用したり、手を洗ったりすることが「本能」的な「習慣」となっただけでなく、取り箸や取り分け用のスプーンを使うことがますます浸透し、生活観念や健康観念が変わり、生と死など哲学的問題について考えることが多くなった。こうした再認識と変化がこの半年、多くの人の生活において重要な課題となった。



8.「家」



新型コロナウイルス感染拡大で、自宅で自主隔離していたため、逆に客観的に見て家族と一緒に過ごすという得難い機会ができたと言う人もいる。確かにその通りだ。私たちはずっと勉強や仕事で忙しい生活を送り、大切な人をおろそかにしがちだった。新型コロナウイルス感染が拡大する中で、生死を目の前にし、「家」という字の意義が限りなく大きくなり、もともと「家族」を重視してきた中国人も改めて「家族」をじっくりと見つめ、リズムの速い現代の生活と家族との間でいかにバランスを取るかについて深く考えるようになった。



9.「康」



「健康」と「小康(ややゆとりがある)」には、どちらにも「康」という字が一つ含まれており、そこには二つの願いと期待が込められている。誰もが健康であることを願い、そしてこの特殊な年にたくさんの困難を経験しても、中国は必ず貧困脱却の難関を攻略し、小康社会の全面的完成を必ず実現できるということも確信している。



上半期を振り返った時に、あなたの脳裏にはほかにどんな漢字が思い浮かぶのだろうか?そして下半期を展望する時に、あなたが切望していることはどんな漢字で表すことができるだろうか?(提供/人民網日本語版・編集/KN)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

埼玉県などがTikTokの使用停止、中国専...

2020年8月5日、中国紙・新京報は、日本の一部地方自治体が中国企業運営の動画共有アプリ、TikTokの使用を停止したことについて、「米国の圧力を排除できない」とする中国の専門家の見方を伝えた。 記事は、日本メディアの報道を基に、今年に入って埼玉...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真