Sony

ニュース

「世界一おいしいインスタントラーメン」は日本ではなく韓国のもの?=韓国ネット「これは認める」

  • 2020年 07月05日 18時30分
  • 提供元:Record China
3日、韓国メディアのザ・バリューニュースは「世界で最もおいしいラーメンは日本ではなく韓国」と題する記事を掲載した。写真は辛ラーメン。

写真拡大

3日、韓国メディアのザ・バリューニュースは「世界で最もおいしいラーメンは日本ではなく韓国」と題する記事を掲載した。写真は辛ラーメン。

2020年7月3日、韓国メディアのザ・バリューニュースは「世界で最もおいしいラーメンは日本ではなく韓国」と題する記事を掲載した。



記事によると、米紙ニューヨーク・タイムズのレビューサイト「ワイヤーカッター」は先月17日、「世界で最もおいしいインスタントラーメン(The best instant noodles)」として11製品(日本6品、韓国4品、シンガポール1品)を選定し、審査員の試食評価を基に順位をつけた。



1位には「辛ラーメンブラック(韓国・農心)」、2位には「プリマ・テイスト ラクサラーメン(シンガポール・プリマフード)」、3位には「チャパグリ(チャパゲティ+ノグリ)(農心)」が選ばれた。以下、「oh!Riccy PHO BO(日本・エースコック)」「ラ王 旨み豚骨醤油味(日本・日清)」「辛ラーメン 袋麺(農心)」「Top Ramen(日清)」「辛ラーメン カップ(農心)」「マルチャンラーメン クリーミーチキン味(東洋水産)」「マルちゃんラーメン チキン味(東洋水産)」「チキンラーメン(日清)」となった。



この結果を受け、農心関係者は「世界のラーメン激戦地である米国市場での好評価は韓国ラーメンの地位向上につながる」とし、「農心の海外事業の競争力を基に、世界市場におけるKフード人気を持続させたい」と話したという。



これに、韓国のネットユーザーからは「辛ラーメンブラックのおいしさは認める!」「韓国がおいしいラーメンの原産国だなんてうれしい」「店で食べるラーメンは日本が最高だけど、インスタントは韓国が最高」など喜ぶ声が上がっている。



一方で、「具の量を増やしてほしい。そうすれば本当に世界トップになれる」「日本は6品、韓国は4品…。もっと頑張ろう」との声や、辛ラーメンブラックの米国用パッケージの「辛」の文字が漢字で書かれていることについて「ハングルにするべきだった」「日本のものだと思われていそう」と不満を示す声も多く見られた。(翻訳・編集/堂本)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

新型コロナで「強迫性障害」に!?手の洗いす...

新型コロナウイルス予防・抑制対策が常態化する中、人々は少しずつ普通の生活を取り戻している。しかし、新型コロナウイルスが自分にもたらした影響がなかなか消えないと感じている人も多いかもしれない。例えば、1日に何十回も手を洗ったり、除菌シートで拭いてから...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真