Sony

ニュース

ビッグクラブへの移籍が噂される今夏注目の3選手

  • 2020年 07月05日 18時30分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE


写真提供: Gettyimages


著者:秕タクヲ



各国リーグ戦が再開され、シーズン終了へ着実に向かい始めているヨーロッパ。毎日マッチデーながらも、無観客試合という現状から湧き出る感情は喜びか悲しみか。



シーズンが終わりに近づくにつれて話題になるのは移籍市場ネタであるが、来シーズンに向けてそろそろ各クラブ動き始める時期に差し迫っている。新型コロナウイルスの影響により、例年とは異なる収益インパクトが予想される中で、今夏の移籍市場はどのような動きを見せるのだろうか。今夏の移籍市場を賑わすこと間違いなしの注目選手について「Skybet」のオッズを参考にしながら紹介していきたい。オッズの結果は、日本時間2020年7月5日12:00時点の結果を参考にしている。


写真提供: Gettyimagesジェイドン・サンチョ

若くしてドルトムントへ新天地を求め、大ブレイクを果たした若武者を巡り、逆輸入先によるアピール合戦がメディアを賑わしている。前線での得点力だけでなく数多くの味方へのアシストも秀逸であり、イングランド期待の星としての呼び声も高い。


▼サンチョ移籍先オッズマンチェスター・ユナイテッド:0.5倍チェルシー:5倍マンチェスター・シティ:10倍バルセロナ:20倍レアル・マドリー:22倍

そんな彼の獲得に注力しているクラブはこちら。マンチェスター・ユナイテッドが新たな攻撃オプションとして他クラブよりも獲得を強く切望している印象を受ける。マンチェスター・シティの下部組織出身だっただけに、もしユナイテッドの一員になったならば新たな因縁にもつながりかねない。


写真提供: Gettyimagesジャック・グリーリッシュ

アストン・ビラの最高傑作にいよいよ動く時が来たのかもしれない。グリーリッシュはビラが下位に低迷していながらも、リーグ全体において間違いなく評価が高い選手の1人だ。彼が左サイドから仕掛ける時は誰もがゴールの予感を感じずにはいられない。今シーズン7ゴール6アシストはどちらもクラブ内でトップ。今シーズンのリーグ戦でクラブ全体で決めたゴールの36.1%に彼が関与しているという実績である。


▼グリーリッシュ移籍先オッズマンチェスター・ユナイテッド:0.7倍マンチェスター・シティ:3.5倍チェルシー、トッテナム:10倍アーセナル:12倍エバートン、レスター:20倍

そんな彼の獲得に注力しているクラブはこちら。サンチョ同様、マンチェスター・ユナイテッドがグリーリッシュ獲得レースを1歩リードしている状況だ。


写真提供: Gettyimagesデクラン・ライス

ハードワークとインテリジェンス性がより求められるようになった近年のフットボール界において、ライスはその高いハードルを21歳で難なくクリアした模様だ。中盤でのボール奪取には可能性を感じるものがあり、積極的な攻撃参加もできる総合値の高いプレイヤーだ。今シーズンウェストハムではリーグ戦32試合すべてに出場し、1試合平均パス数とやタックル数ではクラブ内でトップの成績だ。


▼ライス移籍先オッズチェルシー:0.8倍マンチェスター・シティ、ユナイテッド:8倍アーセナル:10倍トッテナム:16倍

そんな彼を巡り、チェルシーが彼をメインターゲットとして獲得に動いているようだ。ライスもかつてはチェルシーユースで育った過去を持ち、若手にも責任感を与える風土を持った古巣への帰還となるとお互いに好都合なのかもしれない。またチェルシーMFのメイソン・マウントとは深い交友関係にあり、これも移籍に拍車をかけることになりそうだ。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真