Sony

ニュース

「4000年に1人の美女」は誤解だった?元SNH48のキクちゃん、愛称について初告白

  • 2020年 07月06日 10時50分
  • 提供元:Record China
中国の女性アイドルグループSNH48出身で、愛称「キクちゃん」こと歌手で女優のジュー・ジンイーが、かつて「4000年に1人の美女」と騒がれたことについて初めて語った。

写真拡大

中国の女性アイドルグループSNH48出身で、愛称「キクちゃん」こと歌手で女優のジュー・ジンイーが、かつて「4000年に1人の美女」と騒がれたことについて初めて語った。

中国の女性アイドルグループSNH48出身で、愛称「キクちゃん」こと歌手で女優のジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)が、かつて「4000年に1人の美女」と騒がれたことについて初めて語った。



ジュー・ジンイーは2013年、前年に発足したSNH48の2期生メンバーとしてデビュー。その後、日本のネット上で「4000年に1人の美女」と話題になったことをきっかけに、中国でも注目を集めるようになり、16年から2年連続でシングル選抜総選挙の1位を獲得。人気をバックに現在はグループを離れ、ソロ活動を行っている。



中国ですでに代名詞となっている「4000年美女」の愛称について、これまで一度も語ってこなかったジュー・ジンイーだが、このほど出演したバラエティー番組「青春環游記」で初めてコメント。もともとはSNH48が「4000年に一つのアイドルグループ」と言われていたものが、なぜか自分にスポットが当たって一人歩きを始め、「よく分からないうちに『4000年美女』になっていた」と語っている。



しかし、この美しい誤解のおかげでジュー・ジンイーの知名度が急上昇し、16年には準主役でドラマ「九州天空城」に起用されたのち、話題のドラマに続けて主演。ソロで成功するきっかけを作っている。なお、ジュー・ジンイーの初告白にファンからは、「愛称は誤解でも、あなたが美しいのは事実だ」との声が上がっている。(Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

新型コロナとの戦い、「最美逆行者」のシャオ...

新型コロナウイルスとの戦いを描いたドラマ「最美逆行者」に出演した歌手で俳優のシャオ・ジャン(肖戦)が、作品に抱いた思いや感染が拡大した期間の心境などを語っている。 7編のストーリーを2話ずつで構成した「最美逆行者」は、今月17日に国営テレビ・中央...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真