Sony

ニュース

インド、中国アプリ禁止から3日、「中国アプリを検出するアプリ」再び出現―中国メディア

  • 2020年 07月08日 06時40分
  • 提供元:Record China
白鯨出海は3日、「中国アプリ禁止令から3日後のインドのGoogle PlayストアのTop100に、中国アプリを検出するアプリが再び現れた」と伝えている。

写真拡大

白鯨出海は3日、「中国アプリ禁止令から3日後のインドのGoogle PlayストアのTop100に、中国アプリを検出するアプリが再び現れた」と伝えている。

インド政府は6月29日、インドの主権や安全、個人情報を脅かしているとして、動画共有アプリのTikTok(ティックトック)やメッセージアプリの微信(ウィーチャット)など中国企業が開発した59のモバイルアプリの使用を禁止すると発表した。



これに関連し、中国のIT企業向け海外進出サポートプラットフォーム、白鯨出海は7月3日、「中国アプリ禁止令から3日後のインドのGoogle PlayストアのTop100に、中国アプリを検出するアプリが再び現れた」と伝えている。



記事によると、Androidアプリ「Chinese App Detector」は、以前同ストアから削除されたアプリ「Remove China Apps」とほぼ同機能で、スマートフォン内にインストールされている中国アプリを検出してくれるが、検出された中国アプリを直接削除できない仕様で、Google Playの規定に沿うものとなっているという。



白鯨出海の6月3日付報道によると、インドで「中国系アプリボイコット」の動きが高まる中、人気が急上昇していたAndroidアプリ「Remove China Apps」は、Google Playストアの関連ポリシーに違反しているとして、同ストアから取り除かれた。



中国のニュースサイト、虎嗅網の6月2日付報道によると、Remove China Appsは、5月17日の公開から約2週間で、ダウンロード数100万件を突破。6月1日のインドのGoogle Playストアのランキングで、TikTok類似アプリの「Mitron」に次いで2位となっていた。(翻訳・編集/柳川)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

10月から留学生も日本入国可能に、日本留学...

新型コロナウイルス感染対策として取られた入国制限の緩和を前に、日本留学について紹介する記事が28日、中国サイトの前程網に掲載された。 「10月から留学生も日本入国可能に、日本留学がひそかに人気」と題するこの記事は10月からの入国制限緩和について説...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真