Sony

ニュース

次世代のチャン・ツィイーとも、「白華の姫~失われた記憶と3つの愛~」チャン・シュエイン

  • 2020年 07月08日 16時40分
  • 提供元:Record China
中国で一大ブームを巻き起こした「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」でヒロインの姫君・容楽を演じたチャン・シュエインがインタビューに答えた。

写真拡大

中国で一大ブームを巻き起こした「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」でヒロインの姫君・容楽を演じたチャン・シュエインがインタビューに答えた。

視聴再生数1位!中国で一大ブームを巻き起こした「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」。本作は、「王女未央-BIOU-」の監督&脚本家の女性コンビが放つ、記憶を失った美しき姫と彼女を愛した3人の貴公子が繰り広げる2020年最注目のドラマティック・ラブ史劇。聡明で正義感にあふれる謎多きヒロインを演じたのはチャン・シュエイン。また、「武則天-The Empress-」で“史上最高のイケメン皇帝”と称されたアーリフ・リー、「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」で人気急上昇中のジン・チャオ、「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」で大ブレイクしたレオ・ローら、時代劇ファンを夢中にさせる美男スターたちがヒロインをめぐり、切ない恋物語を繰り広げる。さらに、秘密を抱えた登場人物たちが複雑に絡み合って展開するストーリーは、大どんでん返しの連続。数々の謎に隠された真実が明かされた時、かつてない感動が押し寄せること必至だ。



DVDリリースを記念して、ヒロインである姫君・容楽(ようらく)を演じたチャン・シュエインがインタビューに答えた。彼女は子役時代から時代劇で活躍し、主演作「泡沫の夏~トライアングル・ラブ~」で一躍注目を浴びる。また、中国三大演劇大学の中央戯劇学院に首席で合格した才能と美貌を持ち、巨匠チェン・カイコー監督の新作映画『塵埃里開花(原題)』の主演にも大抜擢された“次世代のチャン・ツィイー”と称される才女女優だ。



●「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」に出演を決めた理由は何でしょうか?



容楽というキャラクターが気に入ったからです。また、彼女が物語の中で経験を重ね成長していく姿にも心を動かされたので、このドラマへの出演を決めました。



●初めて脚本を読んだとき、この物語にどんな魅力や面白さを感じましたか?



容楽が目を覚まして記憶を失っていることに気づく冒頭から好奇心をかきたてられました。その後、彼女は乱世の中で一歩一歩成長し、良いことも悪いことも経験していきます。そんな伸びしろのある役柄にとても魅力を感じました。



●あなたの演じるヒロインは西啓王の妹・容楽と茶館の主人・漫夭(まんよう)という2つの顔を持っています。演じる際に特に意識したこと、工夫したことはありますか?



漫夭のほうは誰とでも上手に付き合えて、機敏で武術にも長けています。そのため動作やまなざしから(容楽とは違う)人物の特徴を伝えることを特に意識しました。



●容楽は聡明で弁が立ち、大胆でやり手の女性です。しかし、物語の中で信頼する人々に何度も裏切られることになります。そんな波瀾万丈の展開の中で、彼女の葛藤や変化をどのように表現しようと考えましたか?



役作りをする上では、ストーリーの展開に沿って、その時に感じた気持ちをありのままに表現するようにしていますが、私は特に細部に重点を置くようにしています。例えば、手の動きだったり、わずかなためらいだったり、目線をそらしたりするといったことです。容楽は考えを巡らすことが次第に多くなっていき、感情の起伏も激しくなります。全体の枠組みの中で彼女の変化を表すだけでなく、こうした細かい表現も大切にしました。



●容楽と皇子・無憂(むゆう)のラブストーリーは純粋で情熱的なものです。この2人がどんな困難にあっても、互いに強い愛で結ばれていく理由は何だと考えますか?



容楽と無憂は互いに補い合える関係だというのが私の解釈です。2人は同じ志と理想を抱き、同じ価値観で互いを認め合うことができます。また、2人は恋に恋するのではなく、相手を理解し信頼することもできます。こうしたことが2人が愛を貫くことができた理由ではないでしょうか。容楽と無憂との愛は好敵手にめぐり逢えたこと、似た境遇の者同士が共鳴したことで生まれたものです。そして、その愛は2人の置かれた状況によってさらに強くなっていったのだと思います。



●容楽と将軍・傅筹(ふちゅう)のラブストーリーは辛く苦しいものです。非情な運命を背負った傅筹が容楽に求めていた愛とは、どのようなものだったと考えますか?



傅筹が求めていた愛情とは、そばにいて無条件に尽くしてもらうことだったと思います。でも、彼は当初、容楽を利用し誠実ではありませんでした。その後も容楽を十分に尊重しなかったため、彼女はずっと傅筹を誤解したままです。でも、そうは言っても人の感情というものは説明がつかないものです。現実でもどうしようもなく誰かを好きになってしまうことがあるでしょう。だから、彼らのラブストーリーについて私から言えることは、縁はあったけれど結ばれない運命だったということだけです。



●終盤には容楽と容斉(ようさい)の涙せずにはいられない悲劇的なストーリーが明かされます。忍耐と自己犠牲で愛する人を守ろうとする容斉のような生き方、愛し方について、あなた自身はどう考えますか?



勇敢に切ない愛を捧げる容斉に感銘を受けましたし、本当に心が痛みました。全てを自分で背負わずに困難を一緒に克服できればよかったのにと思わずにはいられません。



●このドラマには多くのロマンティックなラブシーンがあります。特に印象に残っているシーン、好きなシーンはありますか?その理由も教えてください。



好きなシーンは、南方に居を移した容楽と無憂が一緒に凧を揚げるシーンです。幾度も引き裂かれた後に2人がやっと一緒に楽しく穏やかに過ごせるようになる、貴重なひとときです。



●このドラマでアーリフ・リーさん、ジン・チャオさん、レオ・ローさんなど多くの人気俳優と共演していますが、撮影現場での思い出や面白いエピソードなどがあったら教えてください。



みなさんが私を気遣ってくれましたし、楽しく過ごせました。このドラマの現場はいつでもとても楽しかったです。



●日本の視聴者に「白華の姫」のどんな点に注目して見てほしいと思いますか?また、他の時代劇とは違うこのドラマならではの魅力とは何でしょうか?



日本の視聴者のみなさんには容楽と一緒に成長の物語を体験し、容楽の強さと知恵、前向きに困難に立ち向かっていく姿を見てもらいたいです。また、真摯な愛情を持つのは幸福なことだと感じてもらいたいです。また、制作チームが作り上げた衣装や美術は素晴らしく、中国古典の美にあふれています。この作品が日中の文化交流に貢献できればうれしいです。このドラマは単純にラブストーリーを綴るだけでなく、さらに広い視野を持って壮大なスケールの物語を描き出しています。みなさんにも観て良かったと思っていただければうれしいです。



●今後、どのような作品に出演していきたいと考えていらっしゃいますか?新たに挑戦してみたい役柄はありますか?



ざっくり言って挑戦してみたい役柄の条件は、まずキャラクター自体に惹きつけられる特色があること、ストーリーに心動かされるものがあること、次にチャレンジ性に富んだもの、自分の性格とギャップが大きいキャラクターであることです。これまでとは違う作品にどんどんトライしてみたいと思いますし、今は性格が複雑で極端なキャラクターをやってみたいと思っています。



●最後に日本のファンに「白華の姫」の見どころとメッセージをお願いします。



このドラマは観て後悔しない作品です。私が演じる容楽は白髪になる場面もありますよ!日本のみなさんが健康で平和な日々を過ごすことができますように。ドラマを楽しんでより良い生活を送ってくださいね。お互いに頑張りましょう!


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

中国が「限韓令」を再び強化?歌手ファン・チ...

過去に中国でブレークした韓国の男性歌手ファン・チヨルが、中国版ツイッターを更新しない理由について、“制限”を受けていることを明らかにした。ここ数年、緩和傾向にあった「限韓令」が再び厳しい締め付けを始めたのではないかと、この発言が注目されている。 ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真