Sony

ニュース

Netflixアニメ『日本沈没2020』スピンオフ企画「シズマヌキボウ」が始動。視聴者参加型プロジェクトも

  • 2020年 07月10日 14時31分
  • 提供元:Ballooon

トレタメ


『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などで世界的な評価を受ける湯浅政明監督が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして小松左京の傑作SF小説をアニメ化。
2020年の日本を舞台に、ごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟が、過酷な現実を突きつけられながらも、未来へと立ち向かっていく希望と再生を描くNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』。
本作の全世界独占配信に合わせ、「失って初めてわかる、日々享受されているものの尊さ」という今作のテーマに迫る、スピンオフプロジェクト“シズマヌキボウ”が2020年7月10日スタート!
“シズマヌキボウ”は、どんな過酷な状況においても前を向くことを忘れない『日本沈没2020』の登場人物たちにインスピレーションを受け、さまざまな未来への希望を「音楽」や「言葉」や「画像」でアーカイブしていくプロジェクト。『日本沈没2020』で描かれる“希望と再生の物語”にインスピレーションを受けた3つのコンテンツが届けられます。
1 豪華メンバー共演!オリジナル楽曲「シズマヌキボウ」
新鋭アーティストや人気声優、話題のバーチャルシンガーが『日本沈没2020』の描く希望に賛同して、異色の組み合わせによる楽曲「シズマヌキボウ」が完成。
カイト役の声優として今作に出演する人気声優・小野賢章のラップ初披露をはじめ、“これからの時代、これからの希望”を担う4組が参加。本楽曲「シズマヌキボウ」はミュージックビデオとともに近日公開。
2 希望の言葉を紡ぐ「#キボウのマイクリレー」
楽曲「シズマヌキボウ」のPV公開とともに近日スタートするソーシャル企画「#キボウのマイクリレー」は、本編のラップ監修を務めたKEN THE 390を起
点としてSNS上でラップリレーが行われていく。
劇中においてもカイトの呼びかけによってマイクリレーがはじまる流れとなっているが、現実世界ではどんな希望の言葉が紡がれていくだろうか。
詳しくはNetflix Japanのアニメ作品専用公式ツイッターアカウント(​@NetflixJP_Anime)をチェック!どなたでも参加OK。
3 SNS投稿キャンペーン「#キボウの風景」
未曾有の危機に直面しながらも前向きに生きる登場人物を描いた本作。
自分にとっての大切な風景、かけがえのない瞬間を今一度考えるために、未来に残したい日本の写真や画像を投稿してください。
詳細はNetflix Japanのアニメ作品専用公式ツイッターアカウント(​@NetflixJP_Anime)においてご確認いただけます。



『日本沈没2020』には「失って初めてわかる、日々享受されているものの尊さ」というテーマが込められている。
それは、(コロナ禍にある)現代社会のひとりひとりの胸の中にあり、誰もがこの作品の主人公になり得る。
この「シズマヌキボウ」を通じて、今を生きる人々の悩みや葛藤、そして何より希望への歩みの力強さを感じてもらえれば嬉しい。
日本沈没2020【電子書籍】[ 原作・小松左京 ]posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング
Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』
配信日:Netflixにて全世界独占配信中
作品ページ:​netflix.com/日本沈没2020
エピソード:全10話
2020年、平和な日常が続く日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は、容赦なく彼らを追い詰めていく。
極限状態で突きつけられる、生と死、出会いと別れの選択。
途方もない現実と向き合う中、歩と剛は、未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく...
キャスト:
武藤歩:上田麗奈/武藤剛:村中知/武藤マリ:佐々木優子/武藤航一郎:てらそま まさき/
古賀春生:吉野裕行/三浦七海:森なな子/カイト:小野賢章/疋田国夫:佐々木梅治/
室田 叶恵:塩田朋子/浅田 修:濱野大輝/ダニエル:ジョージ・カックル/大谷三郎:武田太一
原作:小松左京『日本沈没』
監督:湯浅政明
音楽:牛尾憲輔 脚本:吉高寿男
アニメーションプロデューサー: Eunyoung Choi
シリーズディレクター:許平康
キャラクターデザイン:和田直也
フラッシュアニメーションチーフ:Abel Gongora
美術監督:赤井文尚 伊東広道
色彩設計:橋本賢 撮影監督:久野利和 編集:廣瀬清志 音響監督:木村絵理子
アニメーション制作:サイエンスSARU
ラップ監修: KEN THE 390
主題歌:「a life」大貫妙子 & 坂本龍一(作詞:大貫妙子/作曲:坂本龍一)
公式HP:​http://japansinks2020.com/
公式twitter:​@japansinks2020
製作:“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
©“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「弁」でマスクに空気の通り道! 熱中症、メ...

日常生活に役立つアイデア商品の企画・製造・販売を行うオリバーラボ(本社・静岡県)は2020年8月4日、マスク用アイデア商品「マスケイド(Maskaid)」の販売開始を発表しました。 マスク内の空気の流れをコントロールし、熱中症・眼鏡の曇り対策を可能...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真